ミュージックレイン3期生・宮沢小春「見てくれた人の記憶に残るようなお芝居をしていきたい」【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

ミュージックレイン3期生・宮沢小春「見てくれた人の記憶に残るようなお芝居をしていきたい」【インタビュー】

「ミュージックレイン」が、2017年に第三回ミュージックレインスーパー声優オーディションを実施。相川奏多、橘美來、夏目ここな、日向もか、宮沢小春という、5人の新人がデビューを飾った。「アニメ!アニメ!」では、5人全員にインタビューを実施。5人目は、宮沢小春。

インタビュー
宮沢小春
  • 宮沢小春
  • 宮沢小春
  • 宮沢小春
声優やアニメソングアーティストを中心にマネジメント・プロデュースを手掛ける「ミュージックレイン」が、2017年に第三回ミュージックレインスーパー声優オーディションを実施。相川奏多、橘美來、夏目ここな、日向もか、宮沢小春という、5人の新人がデビューを飾った。

「アニメ!アニメ!」では、5人全員に初となるインタビューを実施。先日公開した5人での座談会の次は、一人ひとりにスポットを当て、デビューのきっかけ、オーディションでの出来事などを聞きつつパーソナルに迫っていく。

ミュージックレイン3期生インタビュー連載


第1弾:ミュージックレイン3期生が遂にデビュー! 5人の素顔、声優としての展望に迫る座談会【独占インタビュー】
第2弾:ミュージックレイン3期生・相川奏多「チャンスがあるならやるしかない!」【インタビュー】
第3弾:ミュージックレイン3期生・橘美來「歌や踊りまでいろんなことにチャレンジして可能性を広げたい」【インタビュー】
第4弾:ミュージックレイン3期生・夏目ここな「小さい子から大人まで年齢問わず知ってもらえる声優へ」【インタビュー】
第5弾:ミュージックレイン3期生・日向もか「沢山の人にアニメを好きになってもらいたい」【インタビュー】

5人目は、宮沢小春だ。

宮沢小春
千葉県出身の現役大学生で、清楚な雰囲気を醸し出す彼女。5人の中では最年長の20歳である宮沢は、どんな経緯でデビューを迎えたのか?
[取材・構成=松本まゆげ]

■諦めなかったからこそ掴んだ声優への道


――まずは声優になろうと思った経緯をお聞きしたいのですが、もともとアニメがお好きだったのでしょうか?

宮沢:小説やマンガが好きで、作品の世界に入って彼らと一緒に過ごす妄想をよくしていました。物語に没頭して一緒に青春したり冒険したり……そこまで作品世界に浸るのって私くらいかなと思っていたところ、声優さんが出演するラジオを聴いてみたら、声優さんたちも同じように彼らに気持ちを捧げていることがわかったんです。

――自分だけでないと思ったんですね。

宮沢:はい。もちろん、私よりも遥かに深く考えて演じていらっしゃるのでしょうが、役作りの話やキャラクターへの思いを聞くたび、胸が熱くなりました。
そういう人が作品の向こう側にいることを知って惹かれたんです。

――ちなみにどんな作品をご覧になっていたのでしょう?

宮沢:見たいアニメはたくさんあったのですが、毎晩遅くまで起きて見ていると家族に心配をかけてしまうので、そこまで多くは見ていませんでした。
よく見ていたのは、ノイタミナ枠の作品です。深夜にこっそり起きてひとりで観ていました。

最初に観たのは、『ギルティクラウン』です。この作品はアニメ放送に合わせてインターネットラジオを配信していて、「そういえば、アニメのキャラクターは声優さんが声をあてているんだな」と気づかせてくれました。

――そこから実際に声優を目指すようになったのは?

宮沢:もともと、声優に対してぼんやりとした憧れはあったものの、今や人気の職業なので私には到底なれっこないと思っていたんです。それで私自身は声優になれなくても、裏方として「声優さんと一緒にお仕事をしたい」と思うようになりました。

いま大学に通っているのですが、そうした仕事のインターン先を探している際、ソニーミュージックのホームページを見ていたら、ミュージックレインのオーディションページにたどり着いたんです。

――そこでどう思ったのでしょう?

宮沢:「声優になりたい」という気持ちを抱えたまま、夢を諦めて就職するのは嫌だなと思いました。「声優に挑戦してみたけれど、ダメだった」と諦められる理由が欲しかったんです。
それでオーディションの経験も演技や歌の経験もなかったのですが、思い切ってエントリーしました。

――なるほど。そうしたら見事審査を合格していったわけですが、ご心境はどうでしたか?

宮沢:1次に合格して2次に進めたときは、まさかと思っていたのでとても驚きました。それでも次に受かるとは思っていなかったので、「いい経験ができれば」と精一杯やらせてもらったら、3次審査にも進んでしまって……。

――そのときはどんな心境でしたか?

宮沢:信じられなくて、「まさか受からないよね?」「さすがにそれはないよね」と、家族と話していました。3次が終わって、審査も兼ねた合宿に進めると聞いたときもあまり実感はなかったです。

宮沢:だから、すべての審査に合格したと知らせを聞いたとき、本当に声優の道が開いてしまったので、将来の想像がまったくできなくなりました。「この先どうしよう?もしこのまま進んでいったら、私の人生どうなるだろう?」と改めて真剣に何度も考えました。

宮沢小春
――そこからデビューへの決心がついたのは?

宮沢:レッスンを通じて、演技や歌などいろいろチャレンジしていくうちに「ここがよかったよ」と言ってもらえることも増えて、それで自信につながっていきました。
あとは、同期のみんなに支えられていることも大きいです。私は泣き虫なのですぐに泣いてしまうんですけど、そういうとき近くで「大丈夫だよ」って優しく言ってくれます。

――仲間の存在は大きいですね。

宮沢:演技のダメ出しをされた時の受け止め方もだんだん変わってきました。最初は「だから私はダメなんだ」と落ち込むところまで落ち込んでいたんですけど、「前言われていたところが言われなくなったということは、そこはクリアできたんだ」「新たなダメ出しは次のステップに進めている証拠だ」と思えるようになりました。

――ご家族は応援してくれていますか?

宮沢:応援してくれています。「やるからには覚悟と責任をもってやりなさい」と私に喝を入れてくれて、それも励みになりました。

→次のページ:力をつけて声優の醍醐味を味わいたい
《松本まゆげ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集