“今キテるマンガ”がわかる「第1巻ランキング」 2019年7~9月の第1位は…? | アニメ!アニメ!

“今キテるマンガ”がわかる「第1巻ランキング」 2019年7~9月の第1位は…?

WEBメディア「ほんのひきだし」が、「新しいマンガと出合うきっかけを作る」ことを目的に調査・集計している「コミックス第1巻ランキング」の2019年7~9月分を発表した。売上トップは、遠藤達哉が「少年ジャンプ+」にて連載中の『SPY×FAMILY』となった

ニュース
『SPY×FAMILY』(C)遠藤達哉/集英社
  • 『SPY×FAMILY』(C)遠藤達哉/集英社
日本出版販売が運営するWEBメディア「ほんのひきだし」が、「新しいマンガと出合うきっかけを作る」ことを目的に調査・集計している「コミックス第1巻ランキング」の2019年7~9月分を発表した。売上トップは、遠藤達哉が「少年ジャンプ+」にて連載中の『SPY×FAMILY』となった。

「コミックス第1巻ランキング」は、集計期間中に第1巻が発売された“まだ若い作品”たちにスポットを当て、マンガ好きが新しい作品に出合うきっかけを作り「好きなマンガを応援する」「面白いマンガを誰かにすすめる」雰囲気を盛り上げることを目指すもの。
すべてのコミックを対象とした従来のランキングでは、ロングセラー作品の新刊が上位を占めることが多く、連載が始まって間もない作品や単巻で刊行される作品が読者に発見されにくいという背景から調査が開始された。

1位の『SPY×FAMILY』は、遠藤達哉が「少年ジャンプ+」にて連載中のスパイ×アクション×特殊家族コメディ。連載開始当初から話題になっており、「次にくるマンガ大賞2019」でもWebマンガ部門第1位に輝いた注目作がここでも強さを見せている。

2位の『てんぷる』は、『ぐらんぶる』の作画担当としても知られる吉岡公威が「コミックDAYS」にて連載中の寺院ハーレムコメディ。3位の『ポーの一族 ユニコーン』は、“少年の姿のまま永遠の時を生きる吸血鬼”を描く萩尾望都の『ポーの一族』の新シリーズだ。

以下、『からかい上手の高木さん』の山本崇一朗による将棋ラブコメディ『それでも歩は寄せてくる』が4位、『Fate/Grand Order』1.5部を完全コミカライズした『Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点3/亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負』が5位にランクイン。
トップ10までに『ときめきトゥナイト 江藤蘭世の宝物』、『君に届け 番外編~運命の人~』、『新しい上司はど天然』、『氷属性男子とクールな同僚女子』、『MAO』も名を連ねた。
なお「ほんのひきだし」サイト上では、上位30位までのランキングを公開中だ。

ほんのひきだし「コミックス第1巻ランキング」2019年7~9月
第1位「SPY×FAMILY」(遠藤達哉/集英社)
第2位「てんぷる」(吉岡公威/講談社)
第3位「ポーの一族 ユニコーン」(萩尾望都/小学館)
第4位「それでも歩は寄せてくる」(山本崇一朗/講談社)
第5位「Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点3/亜種並行世界 屍山血河舞台
    下総国 英霊剣豪七番勝負」(原作:TYPE-MOON、漫画:渡れい/講談社)
第6位「ときめきトゥナイト 江藤蘭世の宝物」(池野恋/集英社)
第7位「君に届け 番外編~運命の人~」(椎名軽穂/集英社)
第8位「新しい上司はど天然」(いちかわ暖/秋田書店)
第9位「氷属性男子とクールな同僚女子」(殿ヶ谷美由記/スクウェア・エニックス)
第10位「MAO」(高橋留美子/小学館)


『SPY×FAMILY』
(C)遠藤達哉/集英社
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集