「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」花澤香菜が出演決定!九州弁で話す本編映像も | アニメ!アニメ!

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」花澤香菜が出演決定!九州弁で話す本編映像も

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(2019年12月20日公開)より、すずが遊郭で出会うもう一人の女性・テル役として花澤香菜の出演が決定。あわせて、テルのセリフが収められた本編映像もお披露目となった。

ニュース
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』テル役:花澤香菜(C)2019 こうの史代・双葉社 「この世界の片隅に」製作委員会
  • 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』テル役:花澤香菜(C)2019 こうの史代・双葉社 「この世界の片隅に」製作委員会
  • 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(C)2019 こうの史代・双葉社 「この世界の片隅に」製作委員会
映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(2019年12月20日公開)より、すずが遊郭で出会うもう一人の女性・テル役として花澤香菜の出演が決定。あわせて、テルのセリフが収められた本編映像もお披露目となった。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、2016年11月12日の公開後、「日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞」、「仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞」など、国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ『この世界の片隅に』に新エピソードが追加された新作劇場アニメーション。
第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずと、彼女を取り巻く人々の「さらにいくつもの人生」がより深く描かれる。

このたび、テル役に発表された花澤香菜は、『PSYCHO-PASS』常守朱役、『言の葉の庭』雪野百香里役、『シュタインズ・ゲート』椎名まゆり役、『はたらく細胞』赤血球役などで知られる女性声優。本作からの参加について、花澤は「ずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした」と喜びのコメントを寄せた。

また、お披露目となった本編シーンでは、手に息を吹きかけて寒さをこらえるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ……」と九州の方言で嬉しそうに話しかけるテルの切なくも愛らしい声を確認可能だ。


映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、2019年12月20日公開。

<以下、コメント全文掲載>


【テル役:花澤香菜】
観て……というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした。原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように!

声の出演:
のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/ 花澤香菜/ 澁谷天外(特別出演)

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
美術監督:林孝輔
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎
監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
製作: 2019 「この世界の片隅に」製作委員会


(C)2019 こうの史代・双葉社 「この世界の片隅に」製作委員会
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集