「メトロイド」サムスが男?「悪魔城ドラキュラ」主人公は普通の少年? 幻のカートゥーン版アートが海外オークションに | アニメ!アニメ!

「メトロイド」サムスが男?「悪魔城ドラキュラ」主人公は普通の少年? 幻のカートゥーン版アートが海外オークションに

1980年代末に海外で『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』のカートゥーン版を制作していたDIC Animation City。同社が当時他の有名NES(海外ファミコン)タイトルのカートゥーンを計画していたことが明らかになりました。

ニュース
画像はNetflix版『悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-』
  • 画像はNetflix版『悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア-』

1980年代末に海外で『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』のカートゥーン版を制作していたDIC Animation City。同社が当時他の有名NES(海外ファミコン)タイトルのカートゥーンを計画していたことが明らかになりました。

これは海外オークションeBayにて、当時の社員の遺産整理として出品されたアートワークから判明したもの。各アートワークには「Super Mario Bros. Power Hour」の番組ロゴも記されています。海外のコレクターTanooki Joe氏は、これについて同様の「Captain N & The Power Hour !」という番組企画との関連性も指摘。また実際に放映された「Super Mario Bros. Super Show」を踏まえれば、1時間番組の中で様々なカートゥーンアニメを流す予定であったと予想することもできます。

なお、今回公開されたアートワークは『悪魔城ドラキュラ』『メトロイド』『California Games』『ダブルドラゴン』の4タイトル。『メトロイド』は半透明のメットを被った雄々しい男性がモンスターと戦うアートであり、実際の『メトロイド』の設定からはかけ離れている所が時代を感じさせる所。もしかしたらこの男性が“北米版サムス”などと呼ばれていたかもしれません。

また、『悪魔城ドラキュラ』はなぜか、ムチを持ったヴァンパイアハンターvsドラキュラではなく、2人の普通そうな少年と、コミカルなモンスターたちが描かれており、原作に全く類似点がないようなコメディー作品になった可能性を示しています。Netflixアニメシリーズの前に、とんでもないTVシリーズが存在した可能性を考えるとなんとも言えない気分になれそうです。

そして『ダブルドラゴン』ですが、こちらのアートワークは比較的原作の雰囲気を保ったもので、リー兄弟による格闘アクションを想起させます。が……実は同作はその後、DiC Animation Cityにより実際にカートゥーン化されています。しかしながら実際の『ダブルドラゴン』カートゥーン作品は、リー兄弟がピンチになった際、不思議な呪文を唱えマスクを被ったスーパーヒーローに変身、剣を主な武器としてアメコミ風悪人たちと戦うという日本版ユーザーには驚愕の内容だったことを記しておきます。

当時の様々な雰囲気が感じられそうな同アートワークのオークションはこちらから閲覧可能です。記事執筆時点では期限まで5日間近くを残し、630ドルの値がついています。

男サムスや類似点が見つからない『悪魔城ドラキュラ』など、幻のカートゥーン版アートが海外オークションに

《Arkblade》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集