梶裕貴、石川由依ら「進撃の巨人Season3」を漢字一文字で表現!ステージレポ【AJ2019】 | アニメ!アニメ!

梶裕貴、石川由依ら「進撃の巨人Season3」を漢字一文字で表現!ステージレポ【AJ2019】

日本最大級アニメイベント「AnimeJapan 2019」パブリックデイ2日目の3月24日、BLUE STAGEにて「TVアニメ『進撃の巨人』Season 3 スペシャルステージ」が行われ、メインキャストが登壇

イベント・レポート
日本最大級アニメイベント「AnimeJapan 2019」パブリックデイ2日目の3月24日、BLUE STAGEにて「TVアニメ『進撃の巨人』Season 3 スペシャルステージ」が行われた。登壇したのは、エレン・イェーガー役の梶裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈、リヴァイ・アッカーマン役の神谷浩史。見どころ満載な4月放送の「Season3 Part.2」について語った。

TVアニメ『進撃の巨人』Season 3 Part.2(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
最初の登壇者挨拶で、梶は「途切れることなく『進撃の巨人』をお送りできて嬉しい」と喜び、神谷も、本格的に本作のステージに立ったのは初であることと、初の登壇がスピンオフ『進撃!巨人中学校』であったことを回想し、観客席の笑いを誘った。

トークではまず、「Season3 Part.1」最終回エンディングで触れられた、エレン、ミカサが兵長と対立するシーンに言及。エレンにとって絶対的な存在であった兵長と2人がなぜ対立するのか、ぜひ注目して欲しいと登壇者たちはアピールした。

そして、本作に関する質問に登壇者が漢字1文字で答えるコーナー「Attack on talk」が展開。
最初の「Season3 Part.1を漢字1文字で」というお題には、梶、石川、神谷が「人」という字を提示する中、唯一井上だけが「親」と回答。
井上は、Part.1を振り返るといろいろなシーンでキャラクターたちに親の影があり、そこにキャラの原点を感じて“親”にしたという。“人”と答えた3人は、サバイバル要素が強かった当初の流れから発展していき、人対巨人から人対人に推移していくところに注目したと語る。

「AnimeJapan 2019」『進撃の巨人』ステージレポートの模様
次のお題「自分が演じたキャラクターを漢字1文字で」では、梶が「巨」、石川が「姓」、井上は「女」、神谷が「活」と回答し、それぞれの印象的なシーンを振り返った。

トークコーナーの後は、4月に放映を控えたSeason 3 Part.2のPVが公開。
続く最後の挨拶では、神谷は「最初はプレッシャーを感じてましたが、今では台本を早く音に変えたくて仕方がない」と心境の変化を述べ、井上は「アルミンの夢はアルミンだけじゃなく、エレンと共に叶える夢だったということを、ぜひオンエアで感じてもらえれば嬉しいです」、石川は「ミカサと一緒に最後まで戦い抜くと決めているので、精一杯演じていきます」と語った。

そして梶は、キービジュアルにも映っている、自分たち声優陣をモデルとした巨人を楽しみにして欲しいと冗談を交えつつ、「3人の挨拶を聞いて、“なんて素敵な作品の座長をさせていただいているんだろう”と嬉しくなったし、オンエアが楽しみです」と喜びをあらわにした。

「AnimeJapan 2019」『進撃の巨人』ステージレポートの模様
最後は梶の「心臓を捧げよ!」という号令のもと、登壇者と立ち上がった観客たちが劇中の敬礼ポーズをとるという『進撃の巨人』ならではの一幕を持って、本ステージは締めくくられた。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「AnimeJapan 2019」
パブリックデイ:2019年3月23日・24日
ビジネスデイ:2019年3月25日・26日
会場:東京ビッグサイト
《山田幸彦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集