「キミコエ」グランプリ受賞者、新作アニメ「啄木鳥探偵處」出演!緊張のなか意気込み語る【AJ2019】 | アニメ!アニメ!

「キミコエ」グランプリ受賞者、新作アニメ「啄木鳥探偵處」出演!緊張のなか意気込み語る【AJ2019】

「AnimeJapan 2019」1日目、キミコエ・プロジェクト新作発表会が行われた。キミコエ・オーディションのグランプリ受賞者と、津田健次郎、TVアニメ『啄木鳥探偵處』の総監督・江崎慎平が登壇した。

イベント・レポート
「AnimeJapan 2019」1日目である3月23日、KILLER PINKステージではキミコエ・プロジェクト新作発表会が行われた。キミコエ・オーディションのグランプリ受賞者と、オーディションの見届人である声優の津田健次郎、TVアニメ『啄木鳥探偵處』の総監督・江崎慎平が登壇し、新作アニメについての詳細が発表された。

新世代の声優アーティストを発掘する「キミコエ・プロジェクト」。
第一回の「キミコエ・オーディション」では女性を募集。そして「第2回 キミコエ・オーディション」では声優・俳優を目指す男性を募集し、2018年8月1日から2019年1月27日にかけて選考が行われた。約1,200人の中から、グランプリには林幸矢、準グランプリには古沢勇人が選ばれ、グランプリは新作TVアニメシリーズのメインキャストとして声優デビューが決まっている。

キミコエ・プロジェクト新作発表会(C)2018 キミコエ・プロジェクト(C)2020 伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会
この度「AnimeJapan 2019」のステージでは、総監督に江崎慎平を据えTVアニメ化される『啄木鳥探偵處』への、林、古沢、津田の出演が発表された。

TVアニメ出演決定について「第2回 キミコエ・オーディション」グランプリの林は、アニメを見る側から作る側へいけることへの感動を笑顔でコメントした。準グランプリの古沢は、終始緊張の面持ちだが、人々に感動を届けられる役者になる旨をしっかりと前を向いてファンに伝えた。
オーディションの見届人である津田は、人生をかけた戦いを見るのはとても有意義な時間だと感じ、自身も勉強になったことがあったようだ。

キミコエ・プロジェクト新作発表会(C)2018 キミコエ・プロジェクト(C)2020 伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会
3人が出演するTVアニメ『啄木鳥探偵處』の原作は、第3回創元推理短編賞を受賞したミステリ小説。アニメ化にあたり、アニメーション制作をライデンフィルム、総監督を江崎慎平、シリーズ構成を岸本卓が担当。さらに、キャラクター原案にはイラストレーターの佐木郁を起用した。2020年春より、TOKYO MX、BSフジ、CSファミリー劇場ほかにて放送・配信開始予定となっている。

本作の注目ポイントについて総監督の江崎は、文豪が登場する点を挙げた。文学・エンタメ2つの要素が混じり合う本作に期待したい。

(C)2018 キミコエ・プロジェクト
(C)2020 伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会
《umi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集