「消滅都市」松岡禎丞&島崎信長、兄弟コンビをどう演じた? “苦境エピソード”も披露【インタビュー】 2ページ目 | アニメ!アニメ!

「消滅都市」松岡禎丞&島崎信長、兄弟コンビをどう演じた? “苦境エピソード”も披露【インタビュー】

2019年4月から放送スタートするTVアニメ『消滅都市』よりメインキャストに連載インタビュー。第4弾は、ヨシアキ役の松岡禎丞さん、ツバサ役の島崎信長さんにゲーム収録を振り返りつつアニメについて語ってもらった。

インタビュー
松岡禎丞さん、島崎信長さん
  • 松岡禎丞さん、島崎信長さん
  • 松岡禎丞さん、島崎信長さん
  • 松岡禎丞さん、島崎信長さん
  • 松岡禎丞さん、島崎信長さん
  • 松岡禎丞さん、島崎信長さん
  • 島崎信長さん
  • 松岡禎丞さん
  • 松岡禎丞さん

■キャラとの共通点、アフレコ現場の雰囲気は?


――アフレコ時のディレクションで印象的だったものはありますか?

島崎
さっきもお話した、団員たちとの普段の接し方ですね。ゲームだけだと固まっていなかった部分なので、思っていたより楽しくて温かい雰囲気だったのが面白かったです。
ただ単にクールだけではなく、周りからも慕われるようなカリスマ性がある人物だったのが印象的でしたね。

松岡
はじめに「ヨシアキは暗めの性格として演じなくてもいいですよ」というディレクションがありました。マジックショーのときも「観客をどんどん煽ってください」ということを言われたのを覚えています。

島崎
それはツバサとも通ずる部分があったのかも。ふたりとも重い境遇なので殺伐とした部分が強いのかと思いきや、少なくとも普段の振る舞いはそんなことを感じさせない。
そんな心の強さが、人を楽しませたり和ませたりする姿勢に出ているのかなと。人としてすごいよね。

松岡
ねえ(深く頷きながら)。

――ご自身とキャラクターで共通点や共感するところはありますか?

島崎
ツバサは、ロマンや楽しさを大事にしていて、自分の美学を持っている点が素敵ですね。合理性を考えたら省いてしまうような、無駄な部分までを大事にしている。僕もそうありたいと思います。
なにしろ怪盗団のリーダーですからね。ただの泥棒じゃなくて、エンターテイメント性を持たせながら華麗に振る舞う……僕も怪盗団を作ってみたいなぁ(笑)

松岡
(ボソリと)俺、真っ先に死ぬな。

島崎
あはは(笑)。

松岡禎丞さん、島崎信長さん
松岡
ヨシアキもマジシャンということで、人を驚かせること、楽しませることを生業としています。
僕も声優として、そういう思いを視聴者の方々に感じてほしいと思っています。
見てくれる方がいるからこそ、「次にどんなことをしよう?」と考えられる糧になる。そこは共感しますね。

あと同じなのは、本番前のドキドキ感ですね。毎回死にそうに緊張しながら収録に挑んでいます。

――そこまで緊張しているのは意外でした!

松岡
なにしろ同じ現場がひとつとしてないですから。毎回緊張の連続で怖さはあります。さすがに現場についたら覚悟を決めて挑みますけど(笑)。

――収録現場のお話が出たところでお聞きしたいのですが、アフレコ現場の雰囲気はどうですか?

松岡
これは声優あるあるなんですけど、アフレコ現場って、一度座り位置が決まるとそこを動かないんですよ。
とくに今回のアフレコブースは、特殊な作りで行き来がしにくかったこともあって、杉田(智和)さんとしかしゃべってなかったですね(笑)。

島崎
僕も収録があったときは、杉田さんか禎丞としゃべった記憶しかない(笑)。

松岡
アフレコ現場の雰囲気で言うと、作品自体はシリアスな世界観ですけど、和気あいあいとしていましたね。



→次のページ:経験したなかで最も悲しかった出来事と、それを乗り越えたエピソードは?

《馬波レイ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集