未来型ライブ劇場「harevutai」が池袋に2019年秋オープン ポニーキャニオン運営 | アニメ!アニメ!

未来型ライブ劇場「harevutai」が池袋に2019年秋オープン ポニーキャニオン運営

東京・池袋に現在建設中の新たなランドマーク「Hareza池袋」内の未来型ライブ劇場「harevutai」(読み:ハレブタイ)が2019年の秋に開業。当劇場の運営は株式会社ポニーキャニオンが行うことが決定しており、施設の利用予約受付も公式サイトにてスタートした。

ニュース
未来型ライブ劇場「harevutai」ロゴ
  • 未来型ライブ劇場「harevutai」ロゴ
  • 「Hareza池袋」
東京・池袋に現在建設中の新たなランドマーク「Hareza池袋」内の未来型ライブ劇場「harevutai」(読み:ハレブタイ)が2019年の秋に開業。当劇場の運営は株式会社ポニーキャニオンが行うことが決定しており、施設の利用予約受付も公式サイトにてスタートした。

同劇場は「人生で最高の晴れ舞台の一幕を」をテーマに、未来を担う多くのアーティストを輩出していくライブ劇場を目指す。さらに隣接するアニメイト池袋本店を運営する株式会社アニメイトともイベント面などで協力し、新しく生まれ変わる池袋を共に盛り上げていく。

「Hareza池袋」
劇場には最新のライブ劇場設備のほかにもCGライブなどが実施可能な透過スクリーンや、YouTubeなどの配信サイト向けライブ配信設備を常設するなど、最新鋭の技術が詰まった未来型のライブ劇場となっている。劇場名の「harevutai」の「v」にもvisual(視覚)、voice(音声)、VR(仮想現実)、variety(多様性)、vivid(躍動的)、などの意味が込められた。

2019年11月にはオープニングフェスを実施予定。ポニーキャニオンのコンテンツはもちろんのこと、アニメや声優アーティスト関連のイベント、Youtuber・Vtuberによるライブ、2.5次元俳優によるトークショー、アニメの上映会など現在の池袋のカルチャーとマッチしたライブやイベントが「harevutai」のこけら落としとして予定されている。

■劇場概要
劇場名:harevutai
オープン予定日: 2019年11月1日
所在地:東京都豊島区東池袋一丁目19番
(仮称)Hareza池袋ホール棟1F(各線池袋駅より徒歩4分)
会場面積:574.38平方メートル
会場収容人数:500名(スタンディング時)
運営:株式会社ポニーキャニオン


[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《松本 翼》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集