2.5 次元ミュージカル専用劇場が第一弾ラインナップ発表 海外向け情報サイトもオープン | アニメ!アニメ!

2.5 次元ミュージカル専用劇場が第一弾ラインナップ発表 海外向け情報サイトもオープン

日本 2.5 次元ミュージカル協会は、アイア 2.5 シアタートーキョーを拠点にアニメ、マンガ、ゲーム原作の2.5次元ミュージカルの普及に積極的に乗り出す。

ニュース
一般社団法人 日本 2.5 次元ミュージカル協会は、2015年に東京・渋谷のアイア 2.5 シアタートーキョー(AiiA 2.5 Theater Tokyo)を拠点にアニメ、マンガ、ゲーム原作の2.5次元ミュージカルの普及に積極的に乗り出す。2月25日、協会は3月21日よりスタートするアイア 2.5 シアタートーキョーの第一弾公演ライナップを発表した。
すでにオープニングは大型ステージとなる『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』が発表されていたが、それに続くものだ。第2弾は手塚治虫のマンガを原作とする『ドン・ドラキュラ』、さらに「週刊少年サンデー」(小学館)のマンガに基づく『*pnish* vol.14舞台版「魔王 JUVENILE REMIX」』、『【第二章】學蘭歌劇「帝一の國」-決戦のマイムマイム-』、『ミュージカル「薄桜鬼」』、『ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』だ。完全な新作タイトルと、すでに有名タイトルとなっている作品がバランスよく配置されている。

2.5 次元ミュージカル専用劇場は、いつでも同じ劇場で2.5 次元ミュージカルを観られることを目指して日本 2.5 次元ミュージカル協会が約1年間運営する。劇場は国内だけでなく、海外からの観光客も視野に様々な施策を打つ。
ステージ展開の理解を助ける字幕システムの整備や海外からのチケット購入システムの導入だ。2.5次元ミュージカルの認知度を海外でも高める。

海外向けの施策はこれだけにとどまらない。2月25日には、2.5次元ミュージカルの英語サイトがオープンした。海外でも最新の2.5次元ミュージカルの情報を得ることが出来る。
こちらはアイア 2.5 シアタートーキョーの演目だけでなく、国内の関連ステージを広く紹介している。海外のファンが日本に来る前から、舞台を知り、チケットも確保する流れを作りだす狙いが見られる。
公式サイトは日本語での情報発信もしている。そこに並んだタイトル数の多さと幅広さは、日本のファンでも驚かされるに違いない。

さらに協会は、舞台自体を海外に持っていくことにも熱心だ。この1月には『ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Petite Etrangere- (プチテトランジェール)』が上海公演を実現した。この後は、『デスノート The Musical』、『ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」』、『ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン 青学(せいがく)vs不動峰』なども海外公演を予定している。
マンガ、アニメ、ゲームに続き、日本の舞台も世界に飛び出すのか。2015年の日本2.5 次元ミュージカル協会の取り組みが注目される。 

日本 2.5 次元ミュージカル協会
http://www.j25musical.jp/ 

[/アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.biz より転載記事]
《アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.biz》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集