ポニーキャニオン、池袋で“未来型ライブ劇場”の運営へ 「Hareza 池袋」内に2019年オープン | アニメ!アニメ!

ポニーキャニオン、池袋で“未来型ライブ劇場”の運営へ 「Hareza 池袋」内に2019年オープン

ニュース

ポニーキャニオンは10月17日、最新鋭の映像・通信技術を駆使した未来型ライブ劇場を池袋にオープンすると発表。複合商業施設「Hareza 池袋」内で2019年に完成する新ホール棟の一角を同社が借り受け、ライブ劇場の運営を行うことが明らかになった。

「Hareza 池袋」とは、豊島区庁舎跡地および豊島公会堂跡地を再開発する「(仮称)豊島プロジェクト」に、豊島区が建設する(仮称)新区民センター、中池袋公園を加えたエリアを指す。
「(仮称)豊島プロジェクト」はこのたび発表されたライブ劇場をはじめ、ミュージカルや伝統芸能の公演を行うホール、アニメやサブカルチャーを楽しめる空間などの個性の異なる劇場を備えるオフィスとの複合施設となる。隣接する(仮称)新区民センターとあわせて、8つの劇場空間の整備が計画されている。

ライブ劇場は新ホール棟の1階に位置し、最新の映像技術や通信技術を駆使した未来型の劇場となる予定。通常のライブやコンサートを開催するだけでなく、バーチャルなキャラクターによるライブやアニメ・ゲーム関連の舞台、ミュージカル、実況中継イベントといったコンテンツの発信の場として幅広く活用されることになりそうだ。

ポニーキャニオンは未来型ライブ劇場について「これまで培ってきたノウハウを最大限発揮し、当ライブ劇場の運営事業を行うことで、池袋の新たな文化発信基地を創造します。また、豊島区や周辺の様々な施設とも協力を図り、池袋地区のさらなる発展に貢献したいと考えています」とのコメントを発表した。ライブ劇場を含む新ホール棟の竣工は2019年4月となる予定だ。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集