多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る | アニメ!アニメ!

多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る

2018年10月より放送中のTVアニメ『CONCEPTION』よりメインキャスト陣にメールインタビュー。第4弾となる今回は、ユズハ役・藤井ゆきよさんへのインタビューを届ける。

インタビュー
多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る
  • 多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る
  • 多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る
  • 多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る
  • 多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る
  • 多分、あれはイメージ映像的なものです「CONCEPTION」ユズハ役・藤井ゆきよが“愛好の儀”を語る
2018年10月よりTVアニメ『CONCEPTION』が放送中だ。原作は、スパイク・チュンソフトから2012年に発売されたPSP用ソフト『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』。

物語の舞台は“ケガレ”に侵された魔法世界「グランバニア」。ケガレを祓うために地球(ソラ)より召喚された弓削イツキは、“星の子”を誕生させるため、“12星座の巫女”たちと愛好の儀に挑む――。

この度、アニメ!アニメ!では、メインキャスト陣へメールインタビューを実施。作品の魅力やアニメならではの注目ポイント、さらに作品の設定に絡めて“子ども”時代のエピソードをうかがった。

第4弾となる今回は、ユズハ役・藤井ゆきよさんへのインタビューを届ける。

『CONCEPTION』






■「ユズハは不思議ちゃんに見えるけど…」その魅力は?



――本作は、2012年発売の『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』を原作としています。タイトルにも象徴されているよう設定的にかなりインパクトがある作品ですが、当時役が決まった際、作品の印象はいかがでしたか?

藤井
当時はこんなに喋るゲームのお仕事は初めてだったのでとても収録が楽しかったです。
シナリオがとても素敵だし、タイトルに特に疑問はなかったのですが、
後々周りの反応を見て、なるほど、刺激的なタイトルだったのか……とその時気づきました(笑)。
健全なゲームですよー!!

――ご自身が演じる、ユズハの印象はいかがでしたか?

藤井
ユズハは少し変わっているけれど、とても可愛くて儚い女の子です。
イツキと出会うことで、自分の運命に対しての向き合い方が少しずつ変化していく様子が繊細に描かれていて、とても素敵なシナリオだと思いました。
ユズハルートをやると、ユズハ以外選べなくなっちゃいますよー、きっと!
守ってあげたくなる女の子です。


――アニメ化が決まった際のご心境は?

藤井
「今!?」とびっくりしました。
当時収録したゲームも再びリリースされるということで、なかなか初々しいものになっていると思います(笑)。

――演じるうえで意識していることは?

藤井
当時の声が出るのか……?と思いつつも(笑)、ユズハの境遇を思い出しつつ、当時とかけ離れたものにはならないように、でも、今演じたら、ここはもっとこうしたい、というのも混ぜながら楽しく演じさせていただいてます。

――アフレコ現場の様子は?

藤井
たまにあるとんでも展開や斬新な台詞にみんなで笑いながらツッコミを入れつつ、明るいアフレコ現場になっています。みなさんのユーモア溢れるお芝居に本番では笑わないようにグッと堪えています。


――ユズハの魅力が出ていたと思う、ご自身でお気に入りのエピソードやシーンを教えてください。

藤井
ぎゅぎゅっと30分に濃縮されておりますが、駆け足ながら4話のエピソードはとても好きです。
棺桶で眠る理由が切なくて……。不思議ちゃんに見えるけど、ユズハなりに病気と後ろ向きに向き合っているのです。みんなに迷惑かけないように。
イツキとこれからの未来を描けますように……!!


――藤井さんが個人的にお好きなキャラはいますか?

藤井
アリー役の遠藤綾さんのお芝居が絶妙で大好きです。

――本作の見せ場とも言える「愛好の儀」ですが、他のキャストさんが演じている様子をご覧になっていかがですか?

見せ場だったんですか(笑)。
「愛好の儀」は心を通じ合わせる儀式なだけで、手と手を取り合うくらいで星の子は産まれるんです。
あれはイメージ映像的なものです、多分。
みなさん、「あれ?これイメージ映像だよね??」と思ってはっちゃけて演じています(笑)。

――逆にご自身はどのような想いで「愛好の儀」に臨まれていますか?

藤井
イツキのために「自分も何かできることがしたい」とユズハが勇気を出して踏み出した一歩なので、大切に演じました。



→次のページ:藤井さんの子ども時代は、お転婆で悪ガキ?

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集