「電通」がサンライズほかアニメスタジオ9社と連携 ブランディングアニメ制作へ | アニメ!アニメ!

「電通」がサンライズほかアニメスタジオ9社と連携 ブランディングアニメ制作へ

電通がサンライズ、プロダクション・アイジーといった国内アニメスタジオ9社と連携し、企業・団体および商品・サービスの魅力を高めるアニメコンテンツを制作する「Dentsu Japanimation Studio」(電通ジャパニメーションスタジオ)を設立した。

ニュース
電通がサンライズ、プロダクション・アイジーといった国内アニメスタジオ9社と連携し、企業・団体および商品・サービスの魅力を高めるアニメコンテンツの制作体制を構築したことがわかった。
電通本社内にグループ横断組織「Dentsu Japanimation Studio」(電通ジャパニメーションスタジオ、以下「DJS」)の本部を設置し、アニメ活用によるソリューションを体系化することで、国内外の企業・団体が抱えるマーケティング課題に対応していく狙いだ。

昨今、メディアやコンテンツが多様化する中で、特に若年層向けに自社商品・サービスのPRを超えた共感を得るためのコミュニケーション強化を望む企業・団体が増加している。
それらには、実写よりもストーリーや表現の自由度が高いことでブランドの訴求がしやすく、さらにウェブ動画との親和性も高いアニメを活用する事例が数多く見受けられる。

また、日本のアニメは外国人からも大変高い評価を獲得しており、日本が輸出する放送コンテンツの約8割をアニメが占めるなど、その海外売上は近年、最高額を更新し続けている。
この人気を背景に、海外でのマーケティング活動においてもジャパニメーション活用の需要が高まっているという実情がある。

今回のDJS発足はこうした状況を踏まえたもので、連携にはアンサー・スタジオ、サンライズ、スタジオコロリド、デイヴィッドプロダクション、バンダイナムコピクチャーズ、ぴえろ、プロダクション・アイジー、MAPPA、ライデンフィルムの9社が名を連ねた。

DJSは今後、連携するアニメスタジオを拡大しながらジャパニメーション活用における知見・ノウハウの蓄積を行いつつ、国内外における企業・団体のブランディングに資するソリューションを提供。ひいては言語・文化・国境を超えた日本アニメーションの発展に貢献していきたいとしている。

電通ジャパニメーションスタジオ 連携アニメーションスタジオ9社(発表日時点)
※掲載順は50音順
株式会社アンサー・スタジオ
株式会社サンライズ
株式会社スタジオコロリド
株式会社デイヴィッドプロダクション
株式会社バンダイナムコピクチャーズ
株式会社ぴえろ
株式会社プロダクション・アイジー
株式会社MAPPA
株式会社ライデンフィルム


[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集