「しんちゃん」声優・矢島晶子が降板 「寂しい…」「プロだからこその決断」ファンの想いは? | アニメ!アニメ!

「しんちゃん」声優・矢島晶子が降板 「寂しい…」「プロだからこその決断」ファンの想いは?

ニュース

6月1日、アニメ『クレヨンしんちゃん』に野原しんのすけ役として出演中の矢島晶子さんが、6月29日の放送をもって番組を降板することが明らかになりました。番組公式サイトによると、降板は「しんのすけの声を保ち続けることが難しく」なったという矢島さん自身が決断。26年3か月もの間親しまれてきた“嵐を呼ぶ5才児”役だけに、Twitterにも様々なファンの声が寄せられています。

矢島さんの降板は、テレビ朝日の『クレヨンしんちゃん』番組公式サイトにて伝えられたものです。サイトによると、矢島さん本人が「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった」との理由で降板を決断。番組制作スタッフと協議を重ねたうえで、今回の決定に至ったとのことです。

「クレヨンしんちゃん」「矢島さん」などのキーワードがトレンド入りを続けているTwitterには、「矢島晶子さんがしんちゃんの役を降りてしまう時が来るとはな・・・」「矢島さんのしんのすけが大好きです 寂しいな…」などと惜しむファンが多数。

「今のしんちゃんを作り上げたのは間違いなく矢島さん」「矢島さんの演技と一緒に育ってきた主人公、作品ですものね」としてその功績を讃える声や、「矢島さん地声が凄く綺麗な声だからしんちゃんの声出すの大変なんだよね」「プロだからこその決断」と慮る声も見られました。

降板を「野原家から離れることに致しました」と表現した矢島さんですが、その一方で今後について「『しんのすけ』というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです」とのメッセージも。

ファンからは「これからはかわいい矢島さんがたくさん見られる」「矢島さんのお姉様声好きなのでこれからお姉様声を多くして欲しいです……」「矢島さんのしんちゃん以外の声が沢山聞けたらいいなぁ」と寂しさのさなか、新たな門出に期待を寄せるコメントも届きました。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集