「リズと青い鳥」山田尚子×武田綾乃インタビュー「身を潜めて少女たちの秘密をのぞき見るイメージ」 | アニメ!アニメ!

「リズと青い鳥」山田尚子×武田綾乃インタビュー「身を潜めて少女たちの秘密をのぞき見るイメージ」

映画『リズと青い鳥』より山田尚子監督と原作・武田綾乃さんにインタビューを敢行。原作と映画の両面から、作品の生まれた背景をうかがった。

インタビュー
(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • (C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
映画『リズと青い鳥』が4月21日より公開中だ。

高校吹奏楽部の青春群像を描いた武田綾乃さんの小説「響け!ユーフォニアム」シリーズ(宝島社)は、2015年から京都アニメーションの手で、2期にわたってTVアニメ化されている人気シリーズだ。

映画『リズと青い鳥』は、武田さんが書いた『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』(以下、波乱の第二楽章)から、鎧塚みぞれと傘木希美に焦点を当てた完全新作映画。上手くかみ合わない歯車のようなふたりの関係性を、京都アニメーションの山田尚子監督をはじめ、映画『聲の形』のスタッフが独自の世界観で丁寧に描き出している。

そんな本作について、監督の山田尚子さんと原作者の武田綾乃さんにインタビュー。原作と映画の両面から、作品の生まれた背景をうかがった。

【あらすじ】
北宇治高校吹奏楽部の3年生、鎧塚みぞれ(オーボエ担当)と傘木希美(フルート担当)は、自他ともに認める親友同士。でも、希美が自分の世界そのものだと思っているみぞれは、いつか彼女との別れが来ることに不安を感じていた。
そんな中で迎えた高校最後のコンクール。自由曲“リズと青い鳥”には、オーボエとフルートが掛け合うソロパートがあった。しかし2人の演奏はなぜか上手くかみ合わない。

「リズと青い鳥って、私たちみたいだな」。
2人はこの曲の元になったという童話の物語に自らを重ねるが……。

映画『リズと青い鳥』
http://liz-bluebird.com/

『リズと青い鳥』(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
原作
>『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編』
>『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編』

■「みぞれと希美の関係にときめくものを感じた」(山田)



――本日は原作者と監督という視点から、映画『リズと青い鳥』が生まれた経緯や魅力を教えていただけたらと思います。そもそもおふたりの面識は?

山田尚子(以下、山田)
何回目だろう。細かいのを数えればいっぱいあります。

武田綾乃(以下、武田)
たしかに。色んなところでちょこちょことお会いしてる気がしますね。

山田
たしか『響け!ユーフォニアム』のTVシリーズを始める時に弊社(京都アニメーション)に来てくださったのが最初だったと思います。

――山田監督はTVシリーズで“シリーズ演出”という役職に就いていますが、具体的にどんな役割を担っているんですか? 

山田
ふふ、なんでしょうね。

――石原立也監督からは“参謀”という表現もあったようですね。

山田
切り込み隊長って言われたこともあります(笑)。『響け!ユーフォニアム』のTVシリーズは石原(立也)さんが監督を務めていますが、作品自体のキャラクターが多いうえに、吹奏楽という音楽モノでストーリーもしっかりしているから、ひとりで全部をチェックするのはどうしても難しくて。だから監督の負担が少しでも軽くなればということで、音楽やシナリオ、キャラクター、コンテなどの作業に参加させてもらっています。

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
――今回の『リズと青い鳥』は、武田さんが書かれた『波乱の第二楽章』が原作になりますが、映画化までの経緯を教えてください。

武田
映画のお話はけっこう前からいただいていて、TVシリーズの第2期が終わった頃には『波乱の第二楽章』の前後編のプロットを書いていた記憶があります。かなり細かく書かせてもらって、あとは京アニさんにお渡しして完全にお任せしていました。

山田
石原さんが『波乱の第二楽章』で映画を1本作る、というお話からスタートしていたので、そもそも2本というプランはなかったんです。ところが武田先生のプロットを読むと、どうしたって希美とみぞれにときめくものがありまして。
石原さんは黄前久美子(TVシリーズの主人公)の物語を描きたいという意思があったので、それなら分けてしまった方が物語にとってもキャラクターにとっても、ちゃんと描き切れて良いんじゃないかなと。そんな流れで今回の『リズと青い鳥』は生まれました。

武田
初めて聞いた時はビックリしました。私はいつもファン的な気持ちで『響け!ユーフォニアム』のアニメを楽しんでいるのですが、映画化の時点で十分に驚いていたのに、まさかあのプロットから独立してもう1本作っていただけるなんて、と(笑)。

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
――山田監督は先ほど、プロットを読んで「ときめくもの」があったとお話していましたが、みぞれと希美の関係について、もう少し詳しく教えていただけますか?

山田
原作の第2巻、『北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏』の時からずっと思っていたんですけど、すごいところを切り込んでくるんだなと。作品を読んだ人たちに彼女たちの関係性について感想を聞くと、だいたい不思議な反応をするんです。すごく分かる人もいれば、全く分からないという人もいて。
恋愛でも男女の関係でもない、一番親密な者同士が、普通は隠しちゃうような感情をこんなにダイレクトにぶつけてくるなんて。こういう作品に出会えるチャンスは滅多にないなと思いました。
《小松良介》
【注目の記事】[PR]

特集