ウェス・アンダーソン監督×望月ミネタロウ ストップモーションアニメ「犬ヶ島」が漫画化決定 | アニメ!アニメ!

ウェス・アンダーソン監督×望月ミネタロウ ストップモーションアニメ「犬ヶ島」が漫画化決定

ニュース

『犬ヶ島』望月ミネタロウイラスト(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『犬ヶ島』望月ミネタロウイラスト(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
ウェス・アンダーソン監督によるストップモーション・アニメ映画『犬ヶ島』(5月25日公開)のアナザーストーリーが、「週刊モーニング」にてコミカライズ連載されることが決定。さらに今回、『ドラゴンヘッド』などで知られ、コミカライズを担当する漫画家・望月ミネタロウより、オリジナルイラストとコメントも到着した。

【画像拡大】望月ミネタロウの描く『犬ヶ島』を拡大してチェック

『犬ヶ島』は日本を舞台に、“ドッグ病”の大流行によって「犬ヶ島」へと隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な冒険を描くストップモーション・アニメ。映画『グランド・ブダペスト・ホテル』などで知られるウェス・アンダーソン監督がメガホンを取り、日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらも参加している作品だ。

今回コミカライズを担当することになった望月は、『ドラゴンヘッド』『バタアシ金魚』『ちいさこべえ』などで知られ、独特な絵のタッチと表現技法からカルト的な人気を誇る漫画家。アナザーストーリーは、映画でも活躍する主人公・アタリと5匹の犬たちによって紡ぎ出されていくという。

望月は今回の発表について「アンダーソンさんの世界観を日本で漫画にするなら、 多分僕しかいないでしょ!と勝手に思ってました」と自信を覗かせつつも、「これは大変な事を引き受けてしまった…とおろおろしました」と胸中を吐露。そして「難しいけど僕が好きな何かを表現できたらいいな」との意気込みを語った。

ウェス・アンダーソン監督は「『犬ヶ島』は“現実には存在しないマンガの翻案”として思いついた映画でした」と誕生のきっかけを明かし、「そして今、素晴らしき望月ミネタロウさんが私たちのためにそれを現実のものにしてくれました。 私たちは望月さんの作品を世界に贈り出すことを本当に嬉しく思っています」と期待のメッセージを寄せている。

漫画版『犬ヶ島』は、映画公開前日の「週刊モーニング」5月24日発売号より全3回の掲載を予定。ハリウッドの天才監督と世界で高く評価される日本の大御所漫画家による、夢のコラボ作品を見逃さないようにしたい。

映画『犬ヶ島』
5月25日(金)全国公開
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集