CGプロダクションの就職に直結「アニメータードラフト会議」第4回が開催 4月2日受付スタート | アニメ!アニメ!

CGプロダクションの就職に直結「アニメータードラフト会議」第4回が開催 4月2日受付スタート

CGアニメーターとして働きたい人のための就職活動に直結した動画コンテスト「アニメータードラフト会議」の第4回が発表。4月2日より作品受付を開始した。

ニュース
「第四回アニメーター ドラフト会議」
  • 「第四回アニメーター ドラフト会議」
  • 「第四回アニメーター ドラフト会議」
CGアニメーターとして働きたい人のための就職活動に直結した動画コンテスト「アニメータードラフト会議」の第4回が発表。4月2日より作品受付を開始した。

「アニメータードラフト会議」はアニメ制作者を目指す学生が、複数のアニメ制作CGプロダクションに一括で就活のアプローチができる動画コンテストである。アニメ制作技術に関する総合イベント「あにつく」の連動企画として、2015年より行われている催しだ。
応募作品は複数のプロダクションが審査し、採用候補となった応募者には各企業から指名が入るという形式。また最も企業からの指名が多かった応募者順に、WEBでも作品が発表される。

第四回の課題は「One on One」をテーマに、絵コンテ(全5ページ)に沿って「3DS MAX」または「MAYA」を使用してアニメーションを作成するというもの。
審査予定企業にはアニマ、unknownCASE、オレンジ、カラー、グラフィニカ、サイバーコネクトツー、サブリメイション、サンジゲン、チップチューン、東映アニメーション、武右ェ門、ポリゴン・ピクチュアズ、ラークスエンタテインメントなどアニメ・ゲーム関連企業が多数名を連ねている。

なお応募締め切りは2018年5月14日を予定。毎年100名以上の応募と十数名の採用実績があるコンテストだけに、今回もCGアニメーター志望の学生にとってまたとないチャンスとなっていきそうだ。詳細は「第四回アニメーター ドラフト会議」専用サイトまで。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集