「君の名は。」制作会社の最新作は、"日中"若手監督が贈る青春アンソロジー!「秒速」オマージュ短編も | アニメ!アニメ!

「君の名は。」制作会社の最新作は、"日中"若手監督が贈る青春アンソロジー!「秒速」オマージュ短編も

『君の名は。』『秒速5センチメートル』の新海誠監督作品などで知られるアニメ制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)」が、最新作『詩季織々』を発表。本作は、日本と中国の若手3監督が描く最新オリジナルアニメだ。

ニュース
『詩季織々』上海恋(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
  • 『詩季織々』上海恋(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
  • 『詩季織々』陽だまりの朝食(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
  • 『詩季織々』小さなファッションショー(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
  • 『詩季織々』ロゴ(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
『君の名は。』『秒速5センチメートル』の新海誠監督作品などで知られるアニメ制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)」が、最新作『詩季織々』を発表。本作は、日本と中国の若手3監督が描く最新オリジナルアニメだ。

【フォトギャラリー】最新作『詩季織々』の世界観を覗き見してみる?

『詩季織々』は中国の3都市を舞台に、失したくない大切な思い出を胸に大人になった若者たちの、過去と今を紡いだ3つの短編『陽だまりの朝食』『小さなファッションショー』『上海恋』からなる珠玉の青春アンソロジー。

日本で“絵梦アニメーション”として知られる中国のアニメスタジオ「Haoliners(ハオライナーズ)」の代表リ・ハオリン(李豪凌)を総監督に、実写映画出身でアニメ初挑戦となるイシャオシン(易小星)、そしてCGチーフとして長年に渡り新海作品を支え続けてきた竹内良貴という30代前半の3監督が集結。自らの思いを重ね合わせつつ中国の暮らしの基「衣食住行」を描いていく。

本プロジェクトは、リ監督が『秒速5センチメートル』を観て新海監督に憧れ、CWFに熱烈なオファーを送り続けたことにより始動。そんなリ監督が手掛ける短編『上海恋』は『秒速5センチメートル』のオマージュ作だという。リ監督は同作について「人の一生は一瞬で過ぎ去り、人は何かを忘れ、誰かと別れ、離れていってしまう。そんな儚く消えゆくものを、美しい映像としてずっと残したいと思いました」とコメントしている。

『詩季織々』は2018年夏よりテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほかにて公開。

『詩季織々』
監督:リ・ハオリン、イシャオシン、竹内良貴
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集