第5回新千歳空港国際アニメ映画祭、プログラム第1弾が発表 コミックス・ウェーブ・フィルム特集ほか | アニメ!アニメ!

第5回新千歳空港国際アニメ映画祭、プログラム第1弾が発表 コミックス・ウェーブ・フィルム特集ほか

「第5回 新千歳空港 国際アニメーション映画祭」。今年は、『君の名は。』を手掛けたコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作『詩季織々』の上映や、同作にフィーチャーしたトークショーを総監督であるリ・ハオリン監督を招いて行うことが明らかになった。

ニュース
「第5回 新千歳空港 国際アニメーション映画祭」ビジュアル
  • 「第5回 新千歳空港 国際アニメーション映画祭」ビジュアル
  • 「第5回 新千歳空港 国際アニメーション映画祭」ビジュアル
2018年11月2日より北海道・新千歳空港内で開催される「第5回 新千歳空港 国際アニメーション映画祭」。本映画祭のプログラム第1弾が発表され、『君の名は。』を手掛けたコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作『詩季織々』の上映や、同作にフィーチャーしたトークショーを総監督であるリ・ハオリン監督を招いて行うことが明らかになった。

新千歳空港国際アニメーション映画祭は、空港内にイベントホール、宿泊施設、温泉施設など、映画祭を開催するための全ての設備が整っていることから、新千歳空港ターミナルビルで全てが完結するという、世界でも類を見ない「空港映画祭」だ。毎年ゲストを招いた招待作品上映などのプログラムが開催される。

今年で5回目となる「新千歳空港国際アニメーション映画祭 」。会場では2018年8月4日より公開される、コミックス・ウェーブ・フィルムと中国のアニメ業界をリードするHAOLINERSとのコラボレーション作品『詩季織々』の上映と監督によるトークショーを展開。

そのほか多数の企画が用意されている。「TVと実験」と題した特集企画では、1964年から18年間にわたり毎週放送された深夜テレビ番組『11PM』内でのクリヨウジ監督による「ミニミニアニメーション」に始まり、近年のTVアニメーションの中でも特に異彩を放つ『ポプテピピック』を特集。『ウゴウゴルーガ』総合演出の福原伸治と『ポプテピピック』プロデューサー須藤孝太郎によるスペシャル座談会を行い、テレビアニメの多様性に迫る。

まや本イベントのメインビジュアルが公開。5周年を彩るビジュアルはアニメーター・漫画家・イラストレーターとしてマルチに活躍する久野遥子が描いた。"北の大地から発信された秘密の電波を受信した世界中の生き物たちが、世界中のアニメーションを持って空港に集まる"という様子が一枚のイラストで表現されている。


そしてコンペティション部門を審査する国際審査員が発表。ファントーシュ映画祭ディレクターのアネット・シンドラー(スイス)、アニメーション作家のエマ・ドゥ・スワーフ(ベルギー)、アニメーションブランドHaoliners代表・リ・ハオリン(中国)、アーティスト・谷口暁彦(日本)、アニメーション作家・冠木佐和子氏(日本)によって、本映画祭メインイベントを盛り上げる。

また、ミュージックアニメーションコンペティションについて公開審査を行う特別審査員として、キングレコードプロデューサー・須藤、本年映画祭メインビジュアルを担当するアニメーション作家であり漫画家・久野、同じく公式トレーラー担当の映像作家・橋本麦が就任した。

「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」は、2018年11月2日から11月5日まで開催。

■「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
実施概要 名 称:第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭
開 催 日 程:2018年11月2日(金)~11月5日(月)
会 場:新千歳空港ターミナルビル(ソラシネマちとせ 他)
選 考:(1)短編ノミネート作品発表-2018年8月下旬 ※予定 (2)長編ノミネート作品発表-2018年9月下旬~10月上旬 ※予定
本 審 査:会期中
授 賞 式:2018年11月5日(月) ※予定


[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集