バンダイビジュアルとランティスが合併へ バンダイナムコアーツとして映像音楽プロデュー スを推進 | アニメ!アニメ!

バンダイビジュアルとランティスが合併へ バンダイナムコアーツとして映像音楽プロデュー スを推進

ニュース

2月9日、バンダイナムコホールディングスは子会社の組織再編を発表した。4月1日にはバンダイビジュアルとランティスが合併し、商号をバンダイナムコアーツに変更。映像音楽プロデュースを推進することが分かった。

バンダイナムコグループは2018年4月から3ヵ年の新中期計画をスタートする。現中期計画ではIP価値の最大化をはかる「IP軸戦略」を行ってきたが、新たな計画ではそれを踏襲し、成長の可能性が高い地域や事業での展開を強化する方針だ。
新中期計画に向けて、グループの組織体制を変更する。まず事業会社の集合体の単位名称をSBU(Strategic Business Unit 戦略ビジネスユニット)からユニットに改め、従来の3SBU体制から5ユニット体制とする。5ユニットの内訳はトイホビー、ネットワークエンターテインメント、リアルエンターテインメント、映像音楽プロデュース、IPクリエイションとなっている。さらに所属する子会社の組織再編を実施し、スピーディな重点戦略を目指す。

注目は映像事業を行うバンダイビジュアルと、音楽事業を行うランティスの合併である。バンダイビジュアルを存続会社として4月1日に合併し、商号はバンダイナムコアーツへ変更。映像音楽プロデュースユニット主幹会社に生まれ変わる。
近年のアニメはアーティストや声優ユニットによるライブが人気を博しており、映像と音楽の結びつきが強くなっている。両社の合併によって、その強みを活かした展開が期待できそうだ。そのほか、トイ事業に特化したBANDAI SPIRITSの設立や、ナムコをバンダイナムコアミューズメントへ商号変更することも発表された。

バンダイナムコアーツ(BANDAI NAMCO Arts Inc.)
商号変更:2018年4月1日
所在地:東京都渋谷区恵比寿
代表者:代表取締役社長 川城和実
事業内容:映像音楽コンテンツおよびパッケージソフト、ライブイベントの企画・開発・販売など
資本金:21億8,250万円(100%子会社)
従業員数:約240人

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集