「あにめたまご2018」期待の若手アニメーターが贈る4作品、「TAAF2018」にて完成披露上映会 | アニメ!アニメ!

「あにめたまご2018」期待の若手アニメーターが贈る4作品、「TAAF2018」にて完成披露上映会

ニュース

「あにめたまご2018」から生まれた4作品(C)IMAGICAイメージワークス・ROBOT/文化庁 あにめたまご2018(C)スタジオななほし/文化庁 あにめたまご2018(C)トマソン/文化庁 あにめたまご2018(C)PICONA/文化庁 あにめたまご2018
  • 「あにめたまご2018」から生まれた4作品(C)IMAGICAイメージワークス・ROBOT/文化庁 あにめたまご2018(C)スタジオななほし/文化庁 あにめたまご2018(C)トマソン/文化庁 あにめたまご2018(C)PICONA/文化庁 あにめたまご2018
  • 「あにめたまご2018」(C)あにめたまご2018
  • 島本須美&井上和彦
  • 井上和彦
  • 島本須美
  • 『TIME DRIVER 僕らが描いた未来』(C)IMAGICAイメージワークス・ROBOT/文化庁 あにめたまご2018
  • 『えんぎもん』(C)スタジオななほし/文化庁 あにめたまご2018
  • 『ミルキーパニック twelve』(C)トマソン/文化庁 あにめたまご2018
若手アニメーター育成プロジェクト「あにめたまご2018」から生まれた4作品が、3月10日開催の「東京アニメアワードフェスティバル2018」内にてお披露目決定。この完成披露上映会では、声優の井上和彦と島本須美がMCとして参加する。

【フォトギャラリー】「あにめたまご2018」から生まれた4作品を写真で確認

「あにめたまご」とは、日本のアニメーションの振興と発展を目的に、OJTを通して業界の将来を担う優れたアニメーター等を育成するため、平成22年より開始された文化庁委託事業「若手アニメーター等人材育成事業」の通称。

「あにめたまご2018」では、プロジェクトを通して計4作品を制作。IMAGICAイメージワークスとロボットによるSFファンタジー『TIME DRIVER 僕らが描いた未来』のほか、スタジオななほしとウサギ王によるドタバタコメディ『えんぎもん』、トマソンによる動物たちの西部劇『ミルキーパニック twelve』、ピコナによるスラップスティックアニメ『Midnight Crazy Trail』が誕生した。

「東京アニメアワードフェスティバル2018」にて行われる完成披露上映会では、作品のお披露目とともに、育成プロジェクトに参加した若手アニメーターやスタッフによるトークも実施。イベントを通じて「あにめたまご」プロジェクトの全貌を紹介する機会だ。MCを務める井上和彦と島本須美がどのように話を引き出していくのかにも注目したい。

なお「あにめたまご」公式サイトでは、この完成披露上映会への参加応募者を2月26日12時まで受付中。抽選で150名が無料招待されるので、詳細は公式サイト内インフォメーションを確認してほしい。

「あにめたまご2018」完成披露上映会
日時: 2018年3月10日(土)11:00~
会場: 「東京アニメアワードフェスティバル2018」(池袋HUMAXシネマズ シネマ1)
内容: 若手アニメーター育成プロジェクトで誕生する4作品のワールドプレミア上映    
    若手アニメーター、関係者によるトーク
入場方法: ご招待 あにめたまご公式サイトにて告知応募 ※150名様

(C)あにめたまご2018
(C)IMAGICAイメージワークス・ROBOT/文化庁 あにめたまご2018
(C)スタジオななほし/文化庁 あにめたまご2018
(C)トマソン/文化庁 あにめたまご2018
(C)PICONA/文化庁 あにめたまご2018
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集