DeNA×創通×文化放送、3社連携でアニメ原作創出へ 第1弾「SF・ロボット」で原案公募 | アニメ!アニメ!

DeNA×創通×文化放送、3社連携でアニメ原作創出へ 第1弾「SF・ロボット」で原案公募

ニュース

ディー・エヌ・エー(DeNA)、創通、文化放送の三社は、共同でオリジナルアニメを制作する企画「Project ANIMA」を12月20日に始動した。2020年の放送を照準に、ジャンルの異なるTVアニメシリーズ三作品の製作を目指す。

「Project ANIMA」ではDeNAグループが運営する「マンガボックス」「エブリスタ」などの投稿プラットフォームを軸に、一般からアニメの原作を広く募集する。原作募集は第一弾、第二弾、第三弾の三部門に分かれており、第一弾は「SF・ロボットアニメ部門」に決定済み。それぞれの選出作はサテライト、J.C. STAFF、動画工房によってアニメ化される。
応募可能なフォーマットは小説、脚本、マンガ原稿、ネーム、イラスト、動画など多岐に及ぶ。応募者の資格は問わず、プロ/アマ、個人/団体(法人)など、誰でも投稿できる予定だ。審査は「Project ANIMA」プロジェクトチームの三社と、各部門の映像化を手がける制作会社が合同で行う。選出された作品のTVアニメ化だけでなく、入賞作品の書籍化・コミック化・ゲーム化も検討する。

第一弾「SF・ロボットアニメ部門」の作品募集は、2018年2月1日から4月15日まで。SF・ロボットをテーマにした作品であれば、世界観や時代設定、コンセプトは問わない。応募方法の詳細やプロジェクトの展開については、「Project ANIMA」公式サイトにて発表される。
1月4日からは文化放送にて関連番組「エブリスタ・マンガボックスpresents豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」がスタート。こちらでも情報を発信していく。

DeNAグループはゲームを中心に、マンガや小説などのエンターテインメント事業に力を注いでいる。文化放送は1990年代から「A&G(アニメ&ゲーム)ゾーン」を編成し、声優やアニメソング歌手をパーソナリティに起用したラジオ番組を多く放送。グッズやイベントなども人気を博している。そして創通は『機動戦士ガンダム』をはじめ、多くのヒット作に携わってきた実績を持つ。
三社が取り組むということは、アニメ化はもちろん、メディアミックスを視野に入れた企画になることは間違いない。さらにアニメ制作会社も審査に加わることで、ファンがより求めている作品にリーチできるだろう。三社は「Project ANIMA」を通じて、2020年代を代表するアニメの創出し、次世代を担うクリエイターを発掘する方針だ。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集