「賭ケグルイ」田中美海&徳武竜也が京都で制作秘話をトーク “名物企画”の結果は…? | アニメ!アニメ!

「賭ケグルイ」田中美海&徳武竜也が京都で制作秘話をトーク “名物企画”の結果は…?

イベント・レポート

9月17日、「京都国際マンガ・アニメフェア2017」内で「『賭ケグルイ』スペシャルトークショーin 京まふ」が開催された。イベントにはメインキャストより早乙女芽亜里役の田中美海、鈴井涼太役の徳武竜也が登壇。最終回のオンエアを控えるアニメやキャラクターの魅力、アフレコ現場の裏話などについてトークを繰り広げた。

トークショーはイントロダクション映像で開幕。蛇喰夢子による「さあ、賭け狂いましょう」の一声で『賭ケグルイ』の空気に満たされた壇上に、田中は「ミケ」、徳武は「ポチ」の“家畜証”を首から下げて現れた。
挨拶とそれぞれの役どころに関する話題に続き、司会から「担当以外で気になるキャラは?」との質問が。田中は“黄泉月るな”を挙げて「自分にだけ心を許してほしい」との思いを告白し、徳武は玩具メーカーの令嬢である“皇伊月”を「(おもちゃ好きなので)ワンチャンある?」として笑いを誘った。

またお気に入りのシーンについては、徳武は第7話「拒絶する女たち」における生志摩妄戦後の夢子と鈴井のやり取りを選択。おまけとして伊月が差し入れた和菓子に鈴井が反応するカットも挙げ、彼のバックヤードにも興味を示した。一方の田中は第4話「家畜になった女」より、芽亜里が「私は私の人生を取り戻す!」と決意し、木渡潤を「バーカ!」とやり込める一幕をチョイス。この「バーカ!」については実演も行われ、司会から「男性には喜んでいる方もいますね」とのツッコミが入った。

さらに劇中の印象的な“顔芸”9カットをスクリーンに映しての、アフレコ現場の裏話も展開。田中は夢子役の早見沙織が第2話「つまんない女」収録後に“天使のほほえみ”を見せていたことを明かし、徳武は「SEまで口に出す」という豆生田楓役の杉田智和を「ずるい」と評した。

トーク後には同作のイベント名物企画として、「心理バトル インディアンポーカー」が繰り広げられた。ここまで2戦2敗と敗け込んでいる田中は、徳武と会場に惑わされつつもカードを変えないことを宣言。いわく「めちゃくちゃ底辺の争い」ながら勝利を収め、徳武に「負け犬だワーン!」と叫ばせた。しかし司会から「(客席は)田中さんの負け猫も見たいでしょう」と提案されたため、促されるままに「負け猫だニャン!」の台詞を披露してみせた。

最後に締めくくりとして、田中は最終回を迎えるアニメを「原作と一緒に楽しんでください」とコメント。徳武は「(試聴して)アドレナリンをドバドバにしてください」と語り、日曜の京まふステージ初回を飾ったイベントは幕を閉じた。

『賭ケグルイ』
(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「賭ケグルイ」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集