「ブラッククローバー」金色の夜明け団キャストに小野大輔、寺島拓篤、西明日香ら | アニメ!アニメ!

「ブラッククローバー」金色の夜明け団キャストに小野大輔、寺島拓篤、西明日香ら

ニュース

「週刊少年ジャンプ」にて連載され、テレビアニメ化が発表された『ブラッククローバー』。主人公アスタのライバルであるユノが所属することになる金色の夜明け団の主要キャストが発表された。
団長のウィリアム・ヴァンジャンス役に小野大輔、クラウス・ リュネット役に寺島拓篤、ミモザ・ヴァーミリオン役に西明日香が決定。3人からのコメントも到着。そして10月3日18時25分テレビ東京系にて放送開始が決定した。

舞台は魔法がすべての世界。その世界において、生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、己の力を証明するため、そして友との約束を果たすため に、魔道士の頂点『魔法帝』を目指すという展開だ。
そんなアスタとの約束をした友がユノ。金色の夜明け団は9つある魔法騎士団の中で、団員は貴族のエリートのみで構成された、現最強と謳われている実力派集団だ。
小野が演じるのは団長のウィリアム・ヴァンジャンス。次期魔法帝の最有力候補で魔法帝に最も近い男だ。寺島が演じるクラウス・リュネットは団長であるヴァンジャンスを尊敬しており、自身の団と魔法騎士団の 一員であることを誇りに思っている。エリート意識が高く、まじめでカタブツな性格だ。
西演じるミモザ・ヴァーミリオンは王族ヴァーミリオン家の一員だ。

小野は「魔法には無限の可能性を感じます。仮面には底知れない神秘を感じます」とコメント。「ヴァンジャンスという存在は、一演者として見ても一読者として見てもとても魅力的。その魅力に寄り添えるようにしっかり演じていきたいと思っております」と意気込みを語っている。
寺島は「オーディションをきっかけに読み始めたんですが…こんなに面白い漫画を読んでなかった自分を、アスタにぶん殴ってほしいです。魂のこもった原作のライバルになれるように、アニメも頑張ります!」と熱いコメントを寄せている。
西は「オーディションでミモザ役を受けた時、絶対受かりたい!と思っていたので、役が決まった時は本当に嬉しかったです。」とコメント。「ミモザは天然でおっとりしたキャラクターということで、日々の激闘の中で、皆さんに植物のような癒しを与えられるような演技をしたいと思います。」と意気込みたっぷりのコメントを語っている。

ライバルの魔法騎士団たちのキャストも発表された本作。放送日の10月3日まで、その動向から目が離せないところだ。

(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集