「つうかあ」最終話を迎えたキャストの心境は… アフレココメント第1弾「三宅女子高等学校」 | アニメ!アニメ!

「つうかあ」最終話を迎えたキャストの心境は… アフレココメント第1弾「三宅女子高等学校」

ニュース

『つうかあ』アフレコ最終話集合写真
  • 『つうかあ』アフレコ最終話集合写真
サイドカーレースで青春を駆け抜ける女子高生たち……その熱い戦いを描いたオリジナルアニメ『つうかあ』が、遂に地上波放送の最終回を迎えた。全12話にわたる激走を終えた声優陣は今どのような思いを抱いているのか、アフレコを終えたキャスト陣のコメントをレポートでお届けする。

総勢20名におよぶ最終話アフレココメントのレポート第1弾では、宮田ゆりと目黒めぐみの主人公コンビが所属する「三宅女子高等学校」のキャストにスポットを当てたい。

側車部のドライバー・宮田ゆりを演じた古賀葵は、最終話のアフレコを終えて「振り返ってみるとあっという間だったけど、自分にとってすごく密度の濃い時間でした。壁にぶつかったり弱気になることもあったけど、その度に周りの先輩方やスタッフの皆さんに助けて頂いたおかげで最後まで走り抜けられたと思います」と心境を吐露。

一方、パッセンジャーを担った目黒めぐみ役の田中あいみは、「無事、完走できました!いつもわいわい賑やかで本当の学校みたいな現場が大好きです。あっという間の1クール、このメンバーで走り切れて良かった~♪」と感想を語る。

全話を通して特に印象に残ったシーンについて、古賀は「1話から12話の中でゆりとめぐみの関係性が色んな人達との触れ合いによって、より深い絆になっていく様がグッと来ますね」と回答。田中は「まおひとみペアの喫茶店でのシーンは、どの話数も印象的で毎回楽しみにしていました!特にハーブティーのくだりが好きです(笑)」と、エピソードを振り返る。

最後に、既に最終話を見たファン、これから最終話を見るファンへ向けてのメッセージを求めると、古賀は「ここまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございます」と感謝を言葉にしつつ「最終話も、サイドカーレースの様に、最後まで手に汗握る展開が待っています!レースの魅力はもちろんですが、1話から最終話まで色んな形の絆に注目して見てください!」とコメント。

田中も「最後の大喧嘩、全力でぶつかって、全力で挑みました」と作品に懸けた熱い想いを覗かせ、「“二人じゃないと走れない!”で始まったつうかあですが、観てくださる皆様もいないとここまで走ってこれませんでした。応援ありがとうございました!」とメッセージを贈った。

また、同じく三宅女子メンバーの和田はつね役・生天目仁美からは「レースも恋の行方も見守ってあげて下さい!」、蒔田あい役・徳井青空からは「ゆりちゃんめぐみちゃんとコーチはどうなっちゃうの!?最後に勝つのは一体どのチームなのか!?ラストまで盛りだくさんなお話です!」、メカニック担当・島津むつき役・齋藤彩夏からは「また皆様に会いたいです。引き続き応援して頂けたら、とてもとても嬉しいです」といった言葉が届いている。

『つうかあ』
(C)にこいち/「つうかあ」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集