「つうかあ」最終話を迎えたキャストの心境は…アフレココメント第2弾「鈴鹿・筑波・茂木」 | アニメ!アニメ!

「つうかあ」最終話を迎えたキャストの心境は…アフレココメント第2弾「鈴鹿・筑波・茂木」

地上波放送の最終回を迎えた『つうかあ』より、総勢20名におよぶ声優陣の最終話アフレココメントが到着。そのレポート第2弾では、「三重県立鈴鹿女学園」 「茨城県立筑波女子高校」「栃木県立茂木女子高校」の各キャストにスポットを当てる。

ニュース
サイドカーレースで青春を駆け抜ける女子高生たち……その熱い戦いを描いたオリジナルアニメ『つうかあ』が、遂に地上波放送の最終回を迎えた。全12話にわたる激走を終えた声優陣は今どのような思いを抱いているのか、アフレコを終えたキャスト陣のコメントをレポートでお届けする。

総勢20名におよぶ最終話アフレココメントのレポート第2弾では、「三重県立鈴鹿女学園」「茨城県立筑波女子高校」「栃木県立茂木女子高校」の各キャストにスポットを当てたい。

最終話のアフレコを終えた心境について、鈴鹿・パッセンジャーの永井みさきを演じた戸松遥は、「ゆりめぐみの関係がどう着地するかが気になっていたので、最終話を現場で見ることが出来てうれしかったです。あっという間の3ヶ月でした」と語る。
筑波・ドライバーの村田いずみ役を務めた七瀬彩夏も「12話、とても早かったなと思います」といい、「毎回ほぼ女性ばかりの現場で、にぎやかですし和やかでリラックスしながらアフレコが出来ました!なかなか演じることのないキャラクターだったのでとても新鮮で楽しかったです!」と振り返った。

全話を通したうえで特に印象に残っているシーンには、茂木のドライバー・宍戸まりあとパッセンジャー・宍戸ゆりあの双子姉妹を兼役した洲崎綾が、自身の役柄から「宍戸的にはやはり、まりあとゆりあが『変わらなきゃいけないのかな?』と少しずつ変化していくシーンでしょうか。演者冥利に尽きるシーンでした!」とコメント。洲崎は「あとは、毎度のまお・ひとみ劇場が印象に残っています(笑)」とも付け加えた。

最後にこれから最終話を視聴するファンと、既に視聴したファンに向けて、筑波のパッセンジャー・鈴木なぎさを担当した福圓美里は「少女たちの揺れる想い、いかがでしたか?まだ十代だから未完成で当たり前。レーシングサイドカーを通して、成長していく彼女たちの姿に何か感じてくださる想いがあったらとても幸いです!」とのメッセージを贈る。

鈴鹿・ドライバーの塩原ちゆきを演じたブリドカット セーラ恵美は、「この作品をきっかけに、レーシングサイドカーに興味を持って下さった方が増えたと伺いました!本当に嬉しい限りです」と感謝を述べ、「ただのレースアニメではない「つうかあ」。見終わった方もこれからの方も、是非今後も作品を愛し続けて下さいましたら幸いです」との想いを寄せた。

『つうかあ』
(C)にこいち/「つうかあ」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集