「お酒は夫婦になってから」喜多村英梨と市来光弘が夫婦役に | アニメ!アニメ!

「お酒は夫婦になってから」喜多村英梨と市来光弘が夫婦役に

ニュース

2017年10月スタートの新作TVアニメ『お酒は夫婦になってから』のメインキャストが決定した。主人公・水沢千里役に喜多村英梨、夫の壮良(そら)役に市来光弘が起用された。

PR会社で働く美人OLの水沢千里は『バーナード嬢曰く。』の喜多村英梨、彼女の夫でカクテル作りが得意な壮良は『刀剣乱舞-花丸-』の市来光弘が演じる。そのほか、千里の同僚の結を『ノラと皇女と野良猫ハート』の朝井彩加、千里の後輩の小春を『奇異太郎少年の妖怪絵日記』などに出演経験を持つ仲田ありさが担当する
今回の起用について喜多村は「まさかオーディションに、、、受かる…だと…?!! 光栄ならぬ、至福です!ありがとうございます! 今から【しふくぅ~】の引き出し増やす努力します!!! よろしくお願いします!!!」と意気込みを見せる。
本作は壮良の手作りカクテルを飲んだ千里が「しふくぅ~」と口にしながら、うっとりとした表情を浮かべるシーンが見所である。どのような熱演が飛び出すのか、ファンの期待を煽るコメントとなった。市来光弘も「オーディションを受けるに当たって、まずはカルーアミルクを作る修行をしてみました。どうやら修行の成果を見せられそうです。ご期待ください!」と役柄になりきっているようだ。

『お酒は夫婦になってから』は「やわらかスピリッツ」(小学館)にて連載中のマンガが原作。2015年4月に連載がスタート。これまで単行本5巻が刊行されており、累計発行部数は25万部を突破している。
アニメーション制作はCreators in Packが担当。『ハッカドール THE あにめ~しょん』や『捏造トラップ-NTR-』など、短編アニメを数多く手がけるスタジオが人気カクテルコメディーの映像化に挑む。

TVアニメ『お酒は夫婦になってから』
2017年10月放送スタート

(c)クリスタルな洋介・小学館/お酒は夫婦になってから製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集