「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟 | アニメ!アニメ!

「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟

インタビュー

「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
  • 「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
  • 「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
  • 「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
  • 「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
  • 「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
  • 「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
  • 「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
7月8日(土)アニメーション映画『メアリと魔女の花』が劇場公開を迎える。『借りぐらしのアリエッティ』、『思い出のマーニー』とスタジオジブリで瑞々しい少女の感性を描いてきた米林宏昌監督が、ジブリ退社後に初めて手がけた作品であり、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノック長編第1作目にあたる。
「ポノック」の社名の由来はクロアチア語で「深夜0時、1日が始まってゼロになって、また新しい1日が始まる」という意味が込められている。米林監督は一体どのような思いでこの作品を作り上げたのか、その思いをうかがった。
[取材・構成=細川洋平]

『メアリと魔女の花』
2017年7月8日(土)全国ロードショー
www.maryflower.jp/

――まずは制作お疲れさまでした。振り返ってみていかがでしょう。

米林宏昌監督(以下、米林)
スケジュールもあまり余裕がないなか、僕の動かしたいというわがままで作画枚数の多い作品となり、現場のスタッフも大変だったと思いますが、何とか完成してみなさんにお届けできることをうれしく思っています。

――2015年に『思い出のマーニー』にて米林監督と、フィギュアスケートの高橋大輔さんとのトークイベントがあった際、次回作について「次はたくさん動かすファンタジー作品が作りたい」とおっしゃっていました。それがまさに本作になったわけですね。

米林
そうです。あの時はまだ何も決まってなかったのにそう言ってしまいました(笑)。今回は『マーニー』と真逆の作品をつくりたい思い、『マーニー』が「静」の作品であるなら、今回は「動」の作品にしたい、喜怒哀楽がワーッと表情に出て、躍動的に走り回って、ホウキにまたがって広大な空間を移動するような作品にしたいという思いで作りました。


――『思い出のマーニー』の後、米林監督にとってターニングポイントとして、スタジオジブリ退社と西村プロデューサーによるスタジオポノック設立があります。

米林
『思い出のマーニー』を作ってからしばらくして、西村プロデューサーから「次はどうしますか?」と話があって、「やります!」と伝えていました。その時点ですでにスタジオジブリ制作部の解散が決まっていましたが、それでも一本作品をつくろうと。どんなものになるのかはさっぱりわからなかったのですが、やるかやらないかだったら、「やる」。そう決めれば次の行動に進めると思ったわけです。
それからは西村プロデューサーと二人で図書館に行き、原作を探すところからスタートしました。僕は作品づくりに集中すればいいのですが、西村プロデューサーは不動産を探したり、新スタジオの手続きをしたりと本当に大変だったと思います。

――原作はイギリスの児童文学者メアリー・スチュアートの著作「小さな魔法のほうき」です。こちらの決め手は何だったのでしょうか?

米林
西村プロデューサーが「魔女が出ますよ」と言って見つけてくれました。魔女をモチーフとした作品ということで、『魔女の宅急便』と比べられるのはいやだなあと思いましたし(笑)、たくさんの動物が飛び立つといった作画が大変そうなシーンも出てきて、はじめは「辞めましょう」と伝えたんです。それでいったんは別作品で準備を進めたのですが、最終的にこの作品に戻ってきました。

――多くのアニメファンが感じることと思いますが、「魔女、ふたたび。」というキャッチコピーがまた……。

米林
そう、思わせぶりな(笑)。これはプロデューサーが付けたもので、僕は関与してないです。


――ただ、実際に本編を見てみると、このコピーに込められた違った意味も感じられます。

米林
本編を見るまでは『魔女の宅急便』から2回目、という感じですけど、本編の展開にもしっかり呼応しています。まあどういう真意があるのかは西村プロデューサーに聞いてください(笑)。

――主人公メアリのデザインなどは、スムーズにできあがりましたか?

米林
なかなか難しかったです。赤毛の縮れ毛にコンプレックスを持っているという原作の中にある設定を踏まえてラフデザインを描いていき、それを作画監督の稲村(武志)さんにまとめてもらいました。今回は動かす作品にしたかったので、たくさんの人が描いても動かしやすく、崩れにくいキャラクターになっています。しかも、昨今のアニメ作品のような描き込みの多いキャラクターと比べても、見劣りしないものにしなきゃいけない、ということで、ジブリ時のキャラクターに比べると線は多いですね。アリエッティはまつ毛もないですから。


――手足の細さや全身のバランスなどは、派手な転び方をしても怪我をしなさそうだなと感じました。

米林
そうですね。頭身がどのキャラクターも低い。最近のアニメーションではリアルなキャラクターが増えていますが、そうすると途端に転びにくくなるんです。たぶん2階から落ちると命の危険がある(笑)。そういう意味ではメアリは丈夫な子なので、2階から落ちても大丈夫。それは躍動的に動かすためのデザインですよね。ちょっと転んでも平気で立ち上がるくらいのタフさがあります。

――物語は坂口理子さんとお二人で書かれていますが、どのように分担したのでしょうか。

米林
プロットから一緒に考えています。原作には一貫した1つのテーマというものがなかったので、まずはテーマ探しからです。原作に“変身動物”というものが登場するので、そこから発想して“変身”をテーマにしたら面白いのではないかと。「一人の少女の成長」を「変身」になぞらえ、メアリの成長を縦糸に、横糸にはマダム・マンブルチュークとドクター・デイが企んでいるとある実験を持って来て、縦糸と横糸が重なり合うような立体的なストーリーを目指し、坂口さんにシナリオを進めてもらいました。
それから、テンポ感のあるストーリーと、空間を自由に飛び回るような絵を見せたかったので、脚本と舞台美術、美術設定を同時並行で進めました。僕が「こんなシーンを出したい、こんなアクションをさせたい」というアイデアを絵と文章にまとめて各スタッフにお願いしていったので、時間はかなりかかりました。

《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集