劇場版「KING OF PRISM」新作 56館にして週末興行7位の快挙 ぴあ満足度では堂々1位に | アニメ!アニメ!

劇場版「KING OF PRISM」新作 56館にして週末興行7位の快挙 ぴあ満足度では堂々1位に

ニュース

2017年6月10日、『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』が全国56館で公開初日を迎えた。10日と11日はメイン館の新宿バルト9ほか6館で計13回におよぶ舞台挨拶が行われ、新宿バルト9での舞台挨拶は2回にわたり中継によるライブビューイングが実施された。
同作は6月12日までに46,543人を動員し、81,660,900円の興行収入を記録。1館あたりのアベレージが140万円を越え、中規模レベルでの公開ながら週末興行成績で7位にランクインするなど好調なスタートを切っている。

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』は、2016年1月より公開された劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の新作にあたる作品である。応援上映が話題を呼んだ前作は開始時の14館から最大130館まで拡大し、48万人を動員し8億円の興収を記録するヒット作となった。
新作では海外からのオファーも相次いでおり、現在韓国にて同時公開が行われているほか、すでに台湾と香港での上映も決定している。「Yahoo!映画」では6月11日時点で4.73点という高レートをマークしており、初日の「ぴあ満足度 ランキング」でも堂々の1位に輝いた。応援上映も前回以上の盛り上がりが予想されるだけに、ロングラン上映にも期待となりそうだ。7月22日からは新たに28劇場での公開がスタートする予定となっている。

また第1弾のフィルム風しおり、第2~4弾のキャラクターなりきりうちわが告知されている来場者特典は、第5弾として10月21日開催のライブイベントへの優先申込券が配布されることになった。「目指せスタァ!!体感プリズムショー」が実施されている新宿バルト9ほか全国劇場でのオリジナルグッズ販売やコラボフェア展開も盛況だけに、スクリーン内外で賑わっていく作品となりそうだ。

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』
(C)T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/キングオブプリズムPH製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集