TVアニメ「いぬやしき」 メインビジュアル公開 新たなスタッフも発表 | アニメ!アニメ!

TVアニメ「いぬやしき」 メインビジュアル公開 新たなスタッフも発表

TVアニメ『いぬやしき』のメインビジュアル公開され、それにあわせて新たなスタッフも発表された。

ニュース
昨年フジテレビ系「ノイタミナ」にてTVアニメ化されることが発表され、話題を呼んだ『いぬやしき』。2017年5月23日発売の「イブニング」本誌にて連載があと5回であること、そしてアニメ版のメインビジュアルが公開された。
またこれにあわせて、シリーズ構成・脚本を瀬古浩司、キャラクターデザインを恩田尚之が担当することも発表されている。

『いぬやしき』は世界を震撼させたSFアクションの金字塔 『GANTS』を描いた奥浩哉の最新作であり、現在、「イブニング」 (講談社)にて好評連載中の人気作だ。シリーズ累計発行部数220万部であり、今回満を持してのアニメ化と言える。最終回へのカウントダウンがスタートし、原作では犬屋敷の活躍がクライマックスを迎えている。また木梨憲武・佐藤健をキャストに迎えての実写映画化も決定しており、2018年に公開予定だ。

そんな本作のメインビジュアルは犬屋敷の愛娘・麻理と、愛犬のはな子。彼女たちが何かを待っているかのような表情でこちらを見上げるその背後には、破壊されバラバラに散らばった機械の破片があるという意味深なものになっている。キャッチコピー「今この時のため、僕は機械(ヒーロー)になった。」という本作のテーマを凝縮したものとなっている。
そんな本作のシリーズ構成・脚本には『亜人』や『残響のテロル』など数々の重厚な作品を手がけてきた瀬古浩司。そしてキャラクターデザインは『神撃のバハムート GENESIS』や『GANTZ』のキャラクターデザイン、総作画監督を担当した恩田尚之だ。すでに発表されている総監督のさとうけいいち、監督の籔田修平に続いて豪華スタッフが結集しており、本作への期待はますます高まっている。

日本漫画界の鬼才が描いた最新作、本作の放送は2017年10月からとなっている。

(C) 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集