実写版「いぬやしき」木梨憲武が衝撃の変型! 特報映像で空を飛ぶ | アニメ!アニメ!

実写版「いぬやしき」木梨憲武が衝撃の変型! 特報映像で空を飛ぶ

実写映画『いぬやしき』の特報が公開された。主演の木梨憲武が初老のサラリーマン役に扮し、機械に変形するという衝撃シーンが映し出されている。新宿の空を飛ぶ場面もあり、怒涛のアクションに期待が膨らむ出来映えだ。

ニュース
実写映画『いぬやしき』の特報が公開された。主演の木梨憲武が初老のサラリーマンに扮し、機械に変形するという衝撃シーンが映し出されている。新宿の空を飛ぶ場面もあり、怒涛のアクションに期待が膨らむ出来映えだ。

本作の主人公・犬屋敷壱郎役は、芸人・俳優・アーティストなど多彩な活躍を見せる木梨憲武が担当。映画主演は実に16年ぶり。お笑いコンビ・とんねるずとして芸能界で30年以上お茶の間を湧かせてきた木梨のキャスティングは話題になっている。
特報では老けメイクを施して初老のサラリーマン役になりきった木梨の姿が確認できた。前半では犬屋敷壱郎の仕事でも家庭でもダメダメな、悲壮感あふれる日常が繰り広げられている。だが後半は一転。謎の事故に巻き込まれた犬屋敷は、背中がジェットエンジンのような機械に変形。叫び声を上げながら新宿の空を飛び回る。前半の日常と後半の非日常が完全に切り替わるというショッキングな30秒に仕上がった。


犬屋敷壱郎と同じ能力を持つ大量殺人鬼・獅子神皓役は若手俳優の佐藤健が起用された。本作で自身初の悪役を務める。特報では佐藤が鋭い眼光で敵意を見せるシーンも登場。強大な力を手に入れた犬屋敷壱郎と獅子神皓がどのようなバトルを見せるのだろうか。
監督は『GANTZ』でメガホンをとった佐藤信介。CGやワイヤーアクションなどの技術を駆使して大ヒット作を映像化したクリエイターが、奥浩哉の原作に再び挑む。

なお本作のTVアニメは12月21日の放送で最終回を迎える。こちらでは一回限りしか見られない特別映像もオンエアされる。特報とはまた異なる魅力を持った限定映像も要注目だ。

映画『いぬやしき』
2018年4月20日(金)全国東宝系にてロードショー

(C)2018映画「いぬやしき」製作委員会 (C)奥浩哉/講談社
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集