「ジョジョ展」杜王町のモデル・仙台で開催 キャストイベントやコラボ事業も明かされた制作発表会レポート | アニメ!アニメ!

「ジョジョ展」杜王町のモデル・仙台で開催 キャストイベントやコラボ事業も明かされた制作発表会レポート

イベント・レポート

今年で生誕30周年を迎える『ジョジョの奇妙な冒険』を記念して開催される「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」。4月24日、本イベントの制作発表会が東京ミッドタウンカンファレンスで行われた。

8月12日(土)~9月10日(日)、宮城県仙台市で「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」(以下ジョジョ展)が開催される。展示内容は1部から連載中の8部までのカラー・モノクロを含めた、漫画本編の名シーン・名セリフの原画等が展示される予定。特に今回は仙台市がモデルとなっている“杜王町”が舞台の4部「ダイヤモンドは砕けない」と8部「ジョジョリオン」がメインだ。

発表会が始まると、ジョジョ展 in S市杜王町2017実行委員3名と協力企業である集英社から2名が登場。その後、間もなくジョジョ展の開催日時・会場・チケット販売・物販についての説明があり、その後実行委員会会長であり仙台市副市長の伊藤敬幹氏が挨拶を行った。「前回、荒木先生初となる原画展を震災直後の2012年に開催し、全国各地から3万2000人の方々にお越しいただいた。今回の展覧会は前回のものを一新し、第4部と第8部の二つの“杜王町”が楽しめるようになっております。作中に登場する地名もあるので、原画展をきっかけに復興した仙台の街歩きも楽しんでいただきたい」と語った。

続いて集英社役員待遇兼第四編集部長・田中純氏が「仙台は特別な場所。東日本震災翌年に原画展を開催したこともあり、(震災からの)復興を自ずと背負った展覧会だと思っている。だからこそ、前回来ていただいた方には、今回も来ていただいて、5年の間にどこが変わったのか、変わっていないのか、それを肌で感じて考える機会になってほしい」と本イベントへの想いを述べた。

また、ジョジョ展とのコラボ事業が発表された。仙台市内の交通機関で使用できるIC乗車券icsca(イクスカ)を発行する仙台市交通局が、ジョジョ展開催を記念してジョジョ仕様のicscaを限定販売することに。前回は磁気カード乗車券の限定スキップカードを2500枚販売したところ、わずか5分で完売。今回は4倍の10000枚を販売するとのこと。

展示会以外にも8月13日(日)に東京エレクトロンホール宮城で行われるイベント「Bizarre Summer 2017」ではテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」で東方仗助を演じた小野友樹が出演することが決定。その他については順次公式HPで情報公開される予定だ。

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」
開催期間:8月12日(土)~9月10日(日)
開催場所:せんだいメディアテーク 6階ギャラリー
入場料:前売券 大人1800円、高校生以下1000円
※未就学児は無料
※当日券はいずれも200円増
グッズ引換券付きチケット3000円(8月11日までの限定発売)

(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
《冴島友貴》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集