アニメ「ソウタイセカイ」梶裕貴、内田真礼、悠木碧を起用 特報映像も配信 | アニメ!アニメ!

アニメ「ソウタイセカイ」梶裕貴、内田真礼、悠木碧を起用 特報映像も配信

ニュース

(c)ソウタイセカイ製作委員会
  • (c)ソウタイセカイ製作委員会
  • (c)ソウタイセカイ製作委員会
  • (c)ソウタイセカイ製作委員会
  • (c)ソウタイセカイ製作委員会
  • (c)ソウタイセカイ製作委員会
  • (c)ソウタイセカイ製作委員会
3月に開催された「AnimeJapan 2017」で発表されたオリジナル3DCGアニメ『ソウタイセカイ』のキャストに梶裕貴、内田真礼、悠木碧が起用された。特報映像も公開され、世界観の一部が明らかになった。

『ソウタイセカイ』には二つの世界が登場し、それぞれのキャラクターの演じ分けが大きな見どころとなっている。主人公・狭間真/ジン役の梶裕貴は本作について「資料をいただき、純粋に“面白そうな作品だな”という印象を受けました。世界観やテーマはもちろん、お芝居において色々な面で試されるようなハードルも感じられて、役者としてとてもワクワクしました」とコメント。
アフレコについては「“真とジンという二人の同一人物の違いを、声を変えずに芝居で表現する”というイメージが自分の中に浮かんでいたので、現場では、そのプランを軸にテストテイクを演じさせていただきました。結果的に、監督もそういった役作りを望まれていたそうで、個人的には複雑に考えることなく、自然と、気持ち良く作品世界の中に入ることが出来ました」と語っている。

ヒロイン・泉琴莉/コトコ役の内田真礼は「不思議な世界へ入り込んじゃったような…。台本を読んだ時、もしこんな風に二つの世界があって、全てが連動していたら怖いなぁ…と思いました。その分、見てみたい!というワクワク感も強かったです」と本作の魅力を語る。芝居については「違う場所で生まれて、違う人生を歩んできた二人だから違うという、差を感じていただけたら。音を変えるというよりも、意識を変えてみたので、そこに注目してみて下さい」とメッセージを寄せた。
悠木碧は国民的アイドルとして民衆の圧倒的支持を受けている知能搭載遠隔人型兵器・通称「マティック」のミコと、その対となるニコを演じる。特報では狭間真と泉琴莉の登場シーンが描かれており、作品世界の一部を楽しめる。


『ソウタイセカイ』
前編:4月28日(金)より、後編:5月5日(金)より、動画配信サービスHuluにて配信予定

[コメント]
梶裕貴
「監督や音響監督さんが、こちらの提示したお芝居やアイディアに対し、愛と熱意ある返答をくださる現場だったので、最初から最後まで楽しく、クリエイティブな時間を過ごせたような気がしています。そんな、色々な挑戦をさせていただいた作品だからこそ、自分自身、早く完成したフィルムを観てみたい気持ちでいっぱいです。同時に、物語はまだまだ序章…いつかこの続きを、何らかの形で演じることが出来たらいいなとも思っています。まずは今回の2本を楽しんでご覧ください。よろしくお願いします」

内田真礼
「ナチュラルなお芝居を心掛けたので、キャラクター達が実際にいるように近く感じられるといいなと思います。是非、見ていただけたら嬉しいです!」

[スタッフ]
企画・原作:クラフター
脚本・監督:櫻木優平
音楽:カワイヒデヒロ
キャラクターデザイナー:PALOW.
コンセプトアーティスト:友野るい
CGIプロダクション:クラフター ラッキーピクチャーズ

[キャスト]
狭間真/ジン:梶裕貴
泉琴莉/コトコ:内田真礼
ミコ/ニコ:悠木碧

(c)ソウタイセカイ製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集