どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた | アニメ!アニメ!

どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた

インタビュー

どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
  • どうして執事が眼鏡屋さんに?池袋にある「執事眼鏡eyemirror」に話を聞いてみた
アニメが企業とコラボレーションするケースが目立っている。そのバリエーションはイベントやフード、グッズなど多岐にわたる。しかし増えたからこそ、近年では目新しさはなく日常化してしまった。ただ、その中でも作り手の強いこだわりや、熱い思いが反映されたものがある。

そしてそうした思いを感じられる眼鏡を置く「執事眼鏡eyemirror」は池袋にある眼鏡専門店。アニメイト本店からも徒歩1分程度の場所にある。2012年にオープンしたこのお店は、その名の通りスタッフは「執事」×「眼鏡」。店内に入るとまるで洋館のような、上品な雰囲気の空間が広がる。ここでは眼鏡を注文すると、待合室に案内され、お茶とお菓子が提供される。単なる“眼鏡店”とは言い切れない至れり尽くせりのおもてなしだ。
店内には数多くの眼鏡が並ぶが、その眼鏡もスタッフが選んだこだわりの逸品ばかり。あまり見かけないデザインが多く、ブランドものはもちろん、アニメやマンガ作品とのコラボ眼鏡もある。2013年よりスタートした「東方眼鏡」をはじめ、「執事眼鏡eyemirror」独自のアニメコラボ商品も多い。そのデザイン性の高さに驚かされ、作り手の熱量を感じた。
2016年からはコミックマーケットに企業ブースで参加し、さらなる展開を広げる「執事眼鏡eyemirror」。店主である朝倉鏡介さんに、そのこだわりや眼鏡への熱い思いをうかがった。
[取材・構成:タカロク]


「執事眼鏡eyemirror」
http://www.eyemirror.jp/index.html

■ 眼鏡の面白さを伝えたいからこその「執事」

――「執事眼鏡eyemirror」は執事のいる眼鏡店という今までになかったコンセプトのお店ですが、立ち上げた理由を教えてください。

朝倉鏡介(以下、朝倉)
元々私は眼鏡業界に長くおりまして、いつもどうすれば若い方に眼鏡の新しい面白さを伝えられるかを考えておりました。
特に眼鏡店は近年リ―ズナブルなお店が増えております。それが決して悪いわけではないのですが、前職の眼鏡店では実際に接客をしていて、「同じような眼鏡しかない」という声を耳にしました。また、それ以外ですと「金額が高い」というご意見もあったので、価格的にその間口を下げ、若い方へもいろんな面白い眼鏡があるということを伝えたくて、立ち上げました。

――そこに“執事”という要素を入れたのはなぜでしょう。

朝倉
眼鏡は日常的に使う物の中でも高価格なものですから、多くのお店が丁寧な接客を行っております。接客がメインということもあり、スタッフにはかなり執事然としている方が多いんですね。それで今の若い方や、アニメ・マンガなどが好きな方はメイドや執事に馴染みがある方が多いので、できるだけ受け入れやすいコンセプトとして執事というものを選びました。


――実際に自分が執事になると思ってましたか?

朝倉
思っておりませんでした…(笑)。
あと最初に店を手伝ってくれる事となった父にコンセプトを説明する時に「執事喫茶」を例に出したんですが、父に全く知識がなかったため、ずっと動物の「ひつじ」と勘違いされていまして…ひつじのコスプレをして眼鏡店を経営すると思われていました。

――“し”と“ひ”を間違えてしまったんですね(笑)。

朝倉
そうなんです。私は相手が分かっているつもりで説明していたんですが、一ヶ月ほどすれ違いがありました。かたくなに「上手くいくわけがない」と言われ、私は「何がそんなにいけないんだろう」と分からなくて…根本的に聞き間違えていましたね(笑)。写真を見せてようやく誤解が解けました。

――ずいぶんと長い期間すれ違っていたんですね……。誤解もそうですが、他にも大変だったことや苦労があったのではないでしょうか?

朝倉
執事の要素を含め全てが初めてのお店だったので、最初の仕入れまでが最も大変でした。実績がないので、「そういったところには卸せません」という話になってしまい…今は逆に「置いてください」と声をかけられるまでになりまして、大変ありがたい限りです。

――実際にお店を拝見すると分かるように、いろいろな工夫やこだわりが伝わったんでしょうね。お店としてこだわったところはありますか?

朝倉
一番こだわった点は、「きちんと眼鏡屋さんであること」です。ここは外れてはいけないと思っているので、丁寧な接客を心がけております。測定にも通常の2倍ぐらいの時間をかけています。
店舗や内装は基本的には私の方でデザインしているのですが、なるべく“館”に近い、普段とは違った雰囲気を楽しんでほしいと思っております。


――池袋という立地を選んだ理由はあるんでしょうか?

朝倉
最初は池袋か秋葉原で迷いましたが、執事というコンセプトは、女性のファンが多い街の方が良いだろうと考えました。加えて、池袋は再開発をしていくということでしたので、先を見据えてこちらにしました。
元々女性のお客様をメインとしていたのですが、口コミが広がるにつれて徐々に男性のお客様が増えていきました。こういった時計や眼鏡などの小物にこだわったり、“集める”ことは男性の方が多いといった印象です。

――男性の方が多いんですね、意外でした。

朝倉
最初は女性の方が多かったのですが、今は男性のお客様が6割以上です。コラボ眼鏡もございますので、その作品のファンの方も多いですね。

――女性や男性で選ばれる眼鏡に特徴などはあるんでしょうか?

朝倉
女性の方が好まれて選ぶのは、可愛らしい、綺麗なデザインや色使いの明るいもの、飾りがあるものです。男性は個性的なデザイン。ちなみに不思議なもので、一番人気の色は赤なんですよ。眼鏡では一般的には黒、シルバー、茶色が人気なのですが、「執事眼鏡」では一番が赤で次に青、三番目にようやく黒がきます。

――赤!たしかに二次元のキャラは赤眼鏡多いですもんね。

朝倉
おっしゃる通りです(笑)

――豊富なブランドの眼鏡を取り揃えていますが、どういった基準で選ばれているのでしょうか?

朝倉
お客様が初めて見るような眼鏡を置きたかったので、パッと見て「面白いもの」です。池袋は眼鏡屋も多く、駅から離れている当店に来てこそ手に取れるものでなくてはと思い選んでおります。

(次ページ:「東方Project」からはじまったコラボ眼鏡)
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集