「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」全7章で2017年2月より劇場上映 古代進を小野大輔、森雪を桑島法子が続投 | アニメ!アニメ!

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」全7章で2017年2月より劇場上映 古代進を小野大輔、森雪を桑島法子が続投

ニュース

2016年9月5日、秋葉原UDXシアターで『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の製作発表会が行われた。本作は全7章の制作が明かされ、2017年2月から劇場上映されることが決定。メインキャストやスタッフも公開された。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』は『宇宙戦艦ヤマト』の最新シリーズである。『宇宙戦艦ヤマト』は1974年からテレビアニメがスタートし、1977年に劇場アニメ化、度々続編などが制作されている。2010年には実写映画も制作され、リメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』が2012年から劇場上映された。他にもゲーム「スーパーロボット大戦」への参加など、話題が続いている。

今回製作発表会が行われた『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』は、2016年3月に突如発表。2013年にテレビアニメとして放送された『宇宙戦艦ヤマト2199』から3年を経ての待望の新作に、大きく話題となった。
モチーフは1978年8月5日に公開された大ヒットを記録した『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』、本作を新たな解釈と装いで制作する。38年の時を経て蘇るということで、ファンからも注目を集めそうだ。
さらに今回の発表では、全7章で劇場上映されることが決定。2017年2月25日から第1章が劇場上映され、特別限定版Blu-rayとデジタルセル版が同日より販売される。特別限定版BDは劇場での販売となる。

キャストは、『宇宙戦艦ヤマト2199』から引き続き古代進を小野大輔、森雪を桑島法子が演じる。スタッフは監督に『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット版』でディレクターを務めた羽原信義、副監督は『宇宙戦艦ヤマト2199』のセットデザインを手がけた小林誠が務める。キャラクターデザインは『宇宙戦艦ヤマト2199』に続き結城信輝、メカニックデザインは玉盛順一朗、石津泰志、音楽を宮川彬良が担当する。シリーズ構成と脚本を『機動戦士ガンダムUC』や『亡国のイージス』などを手掛ける福井晴敏、製作総指揮に西崎義展の子息である西崎彰司が並ぶ。

2月6日には先行上映会の開催も決定。まだ明かされていないことも多く、今後の情報も見逃せない。



『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第一章
2017年2月25日より、全国15館にて2週間限定劇場上映
劇場にて特別限定版Blu-ray 先行発売

シリーズ全七章劇場上映決定

(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集