「田中くんはいつもけだるげ」最終回上映イベント 小野賢章が語る、自分に似ているキャラは? | アニメ!アニメ!

「田中くんはいつもけだるげ」最終回上映イベント 小野賢章が語る、自分に似ているキャラは?

イベント・レポート

TVアニメ『田中くんはいつもけだるげ』の特典映像付き先行上映イベント「田中くんは映画館でもけだるげ」が4月9日からシネ・リーブル池袋にて毎週行われていた。6月25日、その最終回を上映した「田中くんは映画館でもけだるげ~最終回記念プレミア~」が2回公演で行われ、イベントには川面監督、田中役の小野賢章、宮野役の高森奈津美、白石役の小岩井ことり、越前役の諏訪彩花が登壇。作品への想いをたっぷりと語った。

キャストと監督が登壇し最初に行われたコーナーは、出演者がトークのお題をくじ引きで決める「けだるげトーク」。イベント第1回目のお題は「10月のイベントでやりたいこと」と「大変だったシーン」に決定し、ここで出たアイデアが10月23日に行われるイベント「田中くんは豊洲でもけだるげ」にも採用される可能性が。小野さんから「お化け屋敷」、小岩井さんと川面監督からは「キャストや観客のみんなで一緒にオープニングを歌いたい」などのアイデアが出された。このアイデアが採用されたかどうかなどを含めて10月のイベントが楽しみとなるコーナーとなった。

続いてのお題である「自分は◯◯のキャラに似ている」「◯◯のキャラになりたい」では、川面監督から「もともと僕は、田中くんみたいにけだるそうだからこの仕事を振られたんですよ」という驚きのエピソードも飛び出した。小野さんは自分に似ているキャラは田中と回答。ここでは「太田がいることが前提で、あんなふうにみんなが優しくしてくれるなら田中になりたい」と話し、これには登壇者たちも納得した様子だった。

続いてキャスト陣から川面監督へ質問するコーナーが行われた。「一番動かしやすいキャラと動かしにくいキャラは?」という質問に、動かしやすいキャラはコミカルな動きやギャグ顔は描くほうも楽しいという宮野、扱いにくいのは田中と回答。「普通なら立ち上がったり移動する場面でも、果たして田中がそれをやっていいのか迷ってしまうんです」と本作ならではの苦悩があった事も明かした。

最後のあいさつではキャスト陣が今まで応援してくれたファンへの感謝や今後への期待をファンたちに伝えた。川面監督も「今は最終話を終えてほっとしているところですが、原作コミックでは新キャラも出ていますし、やりたいことがどんどん沸いてきます。またいつか機会をいただければうれしいです」と次回作実現への思いも感じさせるコメントを残し、イベントは幕を閉じた。

『田中くんはいつもけだるげ」
(C)ウダノゾミ/スクウェアエニックス・製作委員会はいつもけだるげ
《半蔵門アラタ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集