「攻殻機動隊S.A.C」の世界観で渋谷を表現 I.Gストアの新キービジュアルがお披露目 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊S.A.C」の世界観で渋谷を表現 I.Gストアの新キービジュアルがお披露目

ニュース

アニメーション制作会社・Production I.Gのグッズショップ・I.Gストアの新規キービジュアルが発表された。第2弾は夜バージョンで、ショッピングを楽しんだファンの様子が街の夜景とともに描かれている。

I.Gストアは4月16日に渋谷マルイの7階にオープンした公式ショップである。オープン時にはショップのキービジュアルが公開され、同社の代表作『攻殻機動隊S.A.C』の世界観で渋谷を表現したことが話題となった。
イラストはスクランブル交差点の鳥瞰図で、大型モニターには笑い男のマークが登場。広場や道路にはマスコットキャラとしても人気のタチコマが確認できた。

その好評を受けて、新規キービジュアルが発表された。第2弾は夜をイメージしたイラストで、渋谷のネオンがきらびやかに描かれている。第1弾と見比べてみると、時間の経過によって細かい変化が施されていることが分かる。
さらにキービジュアルのタイトルも正式に決定。第1弾は「7時21分」、第2弾は「20時30分」と名付けられた。「7時21分」は『攻殻機動隊S.A.C.』の劇中で笑い男事件が発生した時刻、「20時30分」はI.Gストアの閉店時間にちなんでいる。

新規キービジュアルの完成を記念して、キービジュアルを用いた新グッズの制作も発表された。7月2日からカンバスアート、クリアファイル、iphoneケースがリリースされる。なおカンバスアートにはキービジュアルの作者 Isaak.Chaycovの直筆サインも入っている。今後はマグカップも発売する予定だ。
また7月2日13時からはI.Gの取締役・アニメーターの後藤隆幸によるサイン会も行う。参加方法などの詳細はI.Gストアの公式サイトほかにて発表される。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集