「地域発コンテンツの広域発信支援事業」公募開始 地域のPR映像制作を補助金で支援 | アニメ!アニメ!

「地域発コンテンツの広域発信支援事業」公募開始 地域のPR映像制作を補助金で支援

ニュース

地域の製品やサービス・観光資源の魅力をPRするために映像制作を支援する補助金「地域発コンテンツの広域発信支援事業」の公募が、7月5日までの期間実施されている。これは経済産業省の予算による補助金である。
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)が取り組んでいる公募中のこの事業は、各地域の製造・観光事業者等とコンテンツ制作企業が一体となり、コンテンツ産業の振興、そして地域経済活性化を促進することを目的としている。

映像コンテンツを利用し地域の活性化を目指す活動はこれまでにも見られ、成功を収めた例も数多い。観光資源はもちろん、地域独自の製品やサービスなど、PRできるコンテンツは多彩だ。映像を通せばこれらを包括的に、多くの人へ伝えられる魅力もある。
その一方で、ノウハウや資金の不足により、なかなか第一歩を踏み出せない問題点もある。この支援事業は、思い切った取り組みができない地域にとって興味深いものとなるだろう。

本事業では、外部の有識者による審査委員会が支援する取り組みを選定、合格すればPR コンテンツを作成するにあたって必要となる経費が手に入る。
7月5日以降に審査がスタートし、翌年3月31日までに補助金が支払われるスケジュールとなっている。

採択されるのは14件程度で、補助上限は1件あたり1,000万円の規模となる。応募を検討されている事業者を対象に、6月22日に説明会が開催される。開催直前とあって参加が難しい団体もいるかと思うが、VIPOの公式サイトでは応募書類の提出先や審査基準、採択などの詳細が確認できる。応募に際し、説明会への参加は必須ではない。公式サイトにもその詳細が記載されている。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集