「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG」石川界人、水島監督らが第2期の見どころをトーク | アニメ!アニメ!

「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG」石川界人、水島監督らが第2期の見どころをトーク

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
3月26日、AnimeJapan2016のBLUEステージにて、「『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG』トーク&ミニライブ」が行われた。
メインキャストより人吉爾朗役の石川界人、星野輝子役の上坂すみれ、風郎太役の中村繪里子に加えて、水島精二監督が登壇。4月から放送開始される第2期の見どころトークしたほか、主題歌アーティスト・ZAQによるライブが行われた。

イベントはZAQによるライブパフォーマンスでスタート。第1期主題歌「カタラレズトモ」をアグレッシブに歌い上げると、MCでは「今日は最後まで楽しんでいってください!」と語りかけた。さらに第2期主題歌「割レル慟哭」を歌唱。ライブでの披露は初として会場を大いに盛り上げた。

続いては、メインキャストと水島監督を招いてのトークへ。4月から放送スタートする第2期について、石川はこれまでの謎が解き明かれるのか楽しみだと語る。またゲスト超人は第1期以上に魅力的だという。それを演じるキャストについて上坂は「“なかの人”もすごく超人です」とアピール。昭和をモデルとした「神化」の世界観に話題が移ると、中村は「こういう事件があったんだ」という発見が楽しいと話した。

次に、第2期への予習として「上坂すみれのコンクリート・レボルティオ超解説」を上映。上坂が制作し(という設定)、水島監督が監修を務めた5分間の特別映像だ。作品世界や設定、これまでのストーリーを分かりやすく解説した。

続いては、「メテオテールにお願い!!」のコーナーへ。ラジオ番組「コンクリート・レボ“レディオ”」ではお馴染みの本コーナーは、視聴者からのお願いを輝子の魔法によって叶えるというもの。今回はお題は「第2期放送にあたって押さえておくべきキーワード」ということで、水島監督は3つのキーワードを提示。まずは“機能秘密法”と“神化46年”のふたつを挙げ、あらためて作品世界を説明。3つ目に“柴来人”を挙げ、第2期初回となる第14話は彼にスポットが当たるとしてお楽しみに、と期待を誘った。

イベント終盤の告知コーナーでは、4月17日開催の「神化超人フェス」にて、會川昇書き下ろし脚本による朗読劇の実施が発表された。さらに、第14話ではゲスト声優として山寺宏一の出演を告知した。

最後に、登壇者それぞれが第2期への意気ごみを語った。石川は「とてもメッセージ性が強い作品です。それをうまく伝えられるように頑張って演じていますので、ぜひこのまま最後まで観てほしいです」とファンに呼びかけて、イベントを締めくくった。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集