「キズナイーバー」ステージで梶裕貴、前野智昭たちがファンと繋がる AnimeJapan 2016ステージ | アニメ!アニメ!

「キズナイーバー」ステージで梶裕貴、前野智昭たちがファンと繋がる AnimeJapan 2016ステージ

イベント・レポート

3月26日(土)と27日(日)に東京ビッグサイトではAnimeJapan 2016が開催、27日にはGREENステージにおいてTVアニメ『キズナイーバー』放送開始直前スペシャルステージが行われた。登壇したのは梶裕貴(阿形勝平役)、山村響(園崎法子役)、寺崎裕香(高城千鳥役)、前野智昭(天河一役)、島崎信長(由多次人役)のメインキャスト5名、司会進行は吉田尚記アナウンサーが務めた。

梶は前身水玉のデザインスーツで登場、山村も水玉模様のあしらわれたスカートを履いており、どうやら本編PVにちなんでいるもよう。
キャラクター紹介へ話題が移ると、まず梶の演じる阿形の読み方で盛り上がった。「カッペイ」と読みがちだが「アガタ・カツヒラ」と読むので注意が必要だ。また、前野の演じる天河は脳筋DQN、筋肉バカという役どころだが、独特の読み方にも注目が集まった。

本作は完全オリジナル作品ということで、現在公開されているPVに散りばめられたキーワードが改めて公開された。「キズナシステム」「実験都市」「キズのキズナ」「七つの大罪」「洲籠市(すごもりし)」などだ。かなり多彩な要素が盛り込まれた作品になっている。先行して2話まで視聴した吉田アナは難解さは2話まで見たら不思議となくなった、と自身の経験を元に語った。
ストーリーはキャスト陣もアフレコ台本を渡されているところまでしか把握していないようだが、担当するキャラクター毎にメインスタッフから個別に追加情報をもらっているという。梶、山村、寺崎、前野、島崎それぞれに語られる言葉からは自身が演じるキャラクターへの愛がヒシヒシと伝わってきた。

本イベントで追加発表されたキャラクターは2名。山田一直(やまだ・かずなお)と漆原睦(うるしばら・むつみ)で、それぞれ諏訪部順一と園崎未恵が演じる。会場では2人からのボイスメッセージも流され、キャスト陣も静かに興奮していた。

今後はコミカライズやラジオ放送もはじまり、4月2日には直前SP番組『キズナビ』がTV放送される。こちらはキャスト陣の奮闘している姿や制作現場の風景、スタッフのメッセージなどもあるようなので本放送に先駆けてチェックしておきたい。

最後にはキャストそれぞれから本作への熱い意気込みが語られ、会場のファンと『キズナイーバー』流のコールを叫んで終了となった。

「僕たちはキズで、繋がっている--!!」

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト

公式HP http://kiznaiver.jp/
(C)TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集