「てさぐれ!旅もの」AnimeJapan 2016の生コメンタリーに西明日香が出演 続編の可能性も?! | アニメ!アニメ!

「てさぐれ!旅もの」AnimeJapan 2016の生コメンタリーに西明日香が出演 続編の可能性も?!

AnimeJapan 2016の日本テレビブースでは多彩なステージイベントを実施。26日には「『てさぐれ!旅もの』大ヒット記念!みんなで旅ものを見よう!」も開催された。

イベント・レポート アニメ
3月26日、27日の2日間、東京ビッグサイトにて開催されたAnimeJapan 2016。その一角に設置された日本テレビブースでは、多彩な作品のステージイベントが行われていた。
その中のひとつが、26日の「『てさぐれ!旅もの』大ヒット記念!みんなで旅ものを見よう!」だ。声優の西明日香と、『てさぐれ!旅もの』のプロデューサー・吉尾宗太が登壇したイベントの模様をお伝えする。

『てさぐれ!旅もの』は、テレビアニメ『てさぐれ!部活もの』シリーズに出演する西明日香、大橋彩香、荻野可鈴、明坂聡美の4人が出演する実写DVDだ。
新たにリリースされる4では、富士急ハイランドでロケを敢行。そこで観覧車や絶叫マシンといったアトラクションを楽しんだ。さらに「新しい富士急のアトラクションを考えてみよう」「てさぐりカード川柳」といったおなじみのコーナーを実施したりと、ファン向けの内容になっている。

そして今回のイベントは、西、吉尾の2人がDVDを見ながら生コメンタリーを当てていこうというものだ。イベントの冒頭で西は、2月に開催された「てさプル!催しもの」の感想を話し会場のファンを盛り上げる。
先のイベントでは数々のキャラクターソングが披露されたが、その中でも「てさぐり部部歌」は西自身もとても楽しかったそうだ。また、西といえばふんどし普及に貢献した人へ送られるベストフンドシスト賞を受賞したことも記憶に新しいが、当日もしっかりふんどしを履いてきたとか。

冒頭のトークを経て生コメンタリーがスタートすると、作品では恒例となった大喜利のコーナーが映しだされる。西は、荻野や大橋の突飛な回答を見て爆笑したかと思えば、撮影現場の状況を事細かに説明する場面もあり、会場のファンも聞き入っている様子だった。
また、大喜利がイケメンネタで盛り上がっている時には「頭おかしいですよね」と言い放ちファンを笑わせていた。DVDには自主規制音が入りなにを言っているか分からない箇所もいくつかあるが、西はその内容までファンに教えてしまう。そんな自由な空気が会場を包んでいた。

大喜利では事前にお題に対する回答も台本として渡されているそうだが、回答が尽きると自然に完全アドリブに切り替わるという。
西によると、この4人でいると頭の中で生まれた言葉がそのまま口に出てくる雰囲気が作られているとのこと。言い淀むことなく面白い答えが連続で出てくるのも、本作の大きな魅力だ。

最後の挨拶で西は「こんなに売れるとは思っていませんでした」と、シリーズを購入したファンに向けて感謝の気持ちを述べた。
さらに『てさぐれ!旅もの』第2弾もぜひやりたいと宣言すると、会場からは大きな拍手が起こる。吉尾も次の展開に積極的な様子で、次のロケ地をどこにするか検討している様子。アニメの放送は終わっても、まだまだファンを楽しませてくれそうだ。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《ユマ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集