「バクマン。」小松菜奈インタビュー “亜豆美保として” | アニメ!アニメ!

「バクマン。」小松菜奈インタビュー “亜豆美保として”

ニュース

『バクマン。』小松菜奈/photo:Naoki Kurozu
  • 『バクマン。』小松菜奈/photo:Naoki Kurozu
  • 『バクマン。』小松菜奈/photo:Naoki Kurozu
  • 小松菜奈(亜豆美保役)/実写映画『バクマン。』 -(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』小松菜奈/photo:Naoki Kurozu
  • 『バクマン。』小松菜奈/photo:Naoki Kurozu
  • 『バクマン。』小松菜奈/photo:Naoki Kurozu
映画『バクマン。』における唯一の女性キャラクタ―である。大根仁監督によると、当初のプロットには原作の他の女性キャラもいたそうだが熟慮の末、ヒロイン・亜豆(あずき)を残してカットされた。だからこそ(?)、映画で小松菜奈が演じる亜豆が出ているシーンの“特別感”といったらハンパない!

「そうなんです! 他の方が出ているシーンと明らかにトーンが違うんですよ。亜豆のシーンだけ少女漫画原作の別の映画みたいな(笑)。撮影ではすごく強い光を当てたり、フワッとした風を起こして髪や後ろのカーテンを揺らしたり、表情や目線、顔の角度、しゃべり方や抑揚…全て監督の頭にイメージがあって、現場で作りこんでいきました」。

一説によると、小松さんのシーンだけは“Dカメ”と呼ばれるサブのカメラを監督自ら回し、監督をキュンとさせたらOKという不思議な演出がまかり通っていたとか…。

昨年公開された映画『渇き。』で一躍注目を浴びた小松さんだが、本作の亜豆のオーディションを受けた時期は『渇き。』の撮影前。まだ全く演技をした経験のない頃である。「オーディションでは病室のシーンをやったんですけど『そこで泣かないだろっ!』というところで泣いちゃったらしいんですよ…(笑)」。“らしい”と伝聞調なのは「緊張し過ぎててその時のことを全く覚えていない(苦笑)」から。「何で私を選んだのか…? いまだにわかんないです(笑)」。

サイコー(佐藤健)は漫画家、亜豆は声優という夢を追いかけ、互いの夢が実現した時の結婚を約束するが、プロポーズシーンを演じての感想は?

「『え?』って感じでした(笑)、映画の中そのまま。2人とも制服で高校生ですからね。『ドキッ』って感じではなかったです(笑)」。

そして、終盤。過労で倒れたサイコーの病室を亜豆が見舞いに訪れるという重要シーン! 大根監督が小松さんに対し「ここは鬼になるから!」と宣言し、じっくりと時間をかけて撮影された。

「2人が唯一、きちんと向き合って話をするシーンなので、私もすごく大切にしたいシーンでした。ただ、それまでも亜豆のシーンは映画の中でちょっとずつある感じで、健さんともずっと一緒にいたわけでもなかったので、すごく緊張しましたし、なかなか亜豆のサイコーのことが好きという気持ちが表に出てこなかったんです。そうしたら監督が『30分あげるから、2人で話して』とあの病室に健さんと2人きりにされてしまって…。そこで『何話そうかね?』『いきなり30分もらってもね』なんて言いながらもお芝居のことやたわいもない話をちょっとづつするようになって…(笑)。その後、撮影が再開されたんですが、すごく気持ちが落ち着いたし緊張もほぐれて『さっきと全然違うね』と監督にも言っていただけました」。

小松さんの直接の出演シーンももちろんだが、サイコーが亜豆をモデルにして生み出したシーンのヒロイン(もちろん、小松さんに似ている!)のかわいさと言ったら…こちらも必見です!

【インタビュー】小松菜奈 as 亜豆美保 佐藤健とのガチンコ密室30分

《photo / text:Naoki Kurozu》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集