梅原裕一郎、「ヤング ブラック・ジャック」と間黒男の魅力を語る | アニメ!アニメ!

梅原裕一郎、「ヤング ブラック・ジャック」と間黒男の魅力を語る

TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』が10月よりスタートする。主人公・間黒男役の梅原裕一郎さんの囲み取材が行われ、作品や自身の演じるキャラクターについて語った。

イベント・レポート
テレビアニメ『ヤング ブラック・ジャック』が2015年秋よりスタートする。10月1日深夜かたTBS、さらにCBC、サンテレビ、BS-TBSがこれに続く予定だ。
『ヤング ブラック・ジャック』は、手塚治虫の原作に基づいて田畑由秋が脚本を、大熊ゆうごが漫画を担当する。「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の人気マンガである。
ブラック・ジャックこと間黒男の若き日を描く。

その主人公・黒男役に抜擢されたのが、近年、脚光を浴びる若手声優・梅原裕一郎さんである。『赤髪の白雪姫』のミツヒデ役、『美男高校地球防衛部LOVE!』の由布院煙役で評価が急上昇、先日は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のユージン・セブンスターク役も発表された。
そんな注目の梅原裕一郎さんが、いよいよ間黒男役に挑んだ。また囲み取材が行われ、作品や自身の演じるキャラクターについて語った。

梅原さんは主役を演じることについて、「とても大きな作品に主役で選んでいただいて光栄だと思うと同時に、作品を背負っていく責任を感じました。」と話す。そして「医療用語が多いので、台本をいただいてから意味や用途を調べ、自分に落としこむようにしています。キャラクターとしてはクールかつ頭が良い人物なので、あまり焦ったような話し方をせず、手術中でも落ち着くようにしています。」と語った。

本作はナレーションを大塚明夫さんが担当する。かつてブラック・ジャックを演じ、声優としても大先輩だ。
梅原さんは「プレッシャーはもちろん感じますが、あまり意識しすぎずに、盗める要素は盗みつつ、“ヤング”ブラック・ジャックとして自分なりの間黒男をつくっていこうと思っています。」と話した。

テレビアニメを楽しみに待つファン達へは、「ヤング ブラック・ジャックという作品はシリアスなシーンも多く描かれていますが、1960年代の時代背景を反映させたような出来事なので、僕自身を含め当時を知らない方にも、いろいろと考えながら観て欲しいです。また、間黒男の成長を見守っていただきつつ、原作はもちろん、多方面で興味を持っていただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。」と語った。

9月22日からは、Web動画番組「ヤング ハート・ジャック」をYoutube上で配信する。パーソナリティとして梅原さんが担当し、各週の火曜日に更新される予定だ。
放送を迎えるにあたり、配信も含め色々と動きがありそうだ。今後も注目したい。

アニメ『ヤング ブラック・ジャック』
(C)ヤング ブラック・ジャック製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集