時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編 | アニメ!アニメ!

時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編

インタビュー

時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編
  • 時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編
  • 時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編
  • 時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編
  • 時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編
  • 時代も国境も超えて!「聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-」山崎たくみ、三ツ矢雄二、堀内賢雄インタビュー 後編
2015年4月から配信がスタートした『聖闘士星矢 黄金魂 -soul of gold-』では、「嘆きの壁」を破壊し消滅したはずの黄金聖闘士12人の、新たな戦いが繰り広がられる。
今回は本作で牡羊座のムウ役・を演じる山崎たくみさん、乙女座のシャカ役・三ツ矢雄二さん、天秤座の童虎役・堀内賢雄さんにインタビュー。後編では海外ファンとのエピソードや見どころをうかがった。
[取材・構成=川俣綾加]

『聖闘士星矢 黄金魂-soul of gold-』
http://saintseiya-gold.com/

abesan ■ 時代も国境も超える聖闘士星矢の魅力

―山崎さんはムウのキャラクターを演じる役者としては“二代目”に当たるわけですが、難しさを感じたりはしましたか?

山崎たくみさん(以下、山崎)
初代の(塩沢)兼人さんが演じていたムウのイメージを壊さないことは意識しました。だからといって、兼人さんのモノマネだけでやれる現場ではない。どう“山崎ムウ”に変えていくか……が以前の作品。今回は最初から僕のままでいいや、とどこか開き直っているところがありますね。

―ムウを山崎さんが演じ始めた頃は、ファンの反応はいかがでしたか。

山崎
たくさんの反応をいただきましたね。兼人さんが演じているのではと思ってくださる方もいたみたいで、それくらいムウになりきれたかなと。「ありがとう」という言葉をいただいた時はすごく責任感も感じました。前向きな反応が多かったのですごく安心しましたし、嬉しかったです。

―堀内さん演じる童虎も、矢田耕司さんが老師を演じていましたね。

堀内賢雄さん(以下、堀内)
僕が童虎を演じるのはOVA「冥王 ハーデス十二宮編」からだったので、他のキャストのみなさんがすでに役を完成させている中での参加は不安と緊張感でいっぱいでした。世界観もキャラクターも掴むのが精一杯の中、監督に演技指導を受けながら作り上げていったことを今でも覚えています。うまくいくまでには時間がかかりましたが、自分の中で役や世界観を掴めるようになってからは快感でしたね。やっぱりかっこいいですから。


―熱烈な海外ファンも多い作品ですが、その理由は何だと思いますか?

堀内
キャラクターの数が多いことと、どのキャラクターにも絆やドラマが描かれいて共感を呼ぶのかなと思います。

三ツ矢雄二さん(以下、三ツ矢)
熱い部分は男性ファン、美形キャラが活躍するところに女性ファンがいる感じですね。

山崎
人間愛、絆、何かを守ること……と、扱っているテーマが普遍的なこともあると思います。時事的なネタではないので、廃れることがない。

三ツ矢
みんなそれぞれに使命感があって、自分よりも大切な何かを守るために自分の身を挺して戦う。戦いにおける忘我の境地がありますよね。

山崎
まさにそういうことだと思います。今時だと、恥ずかしくて言えないようなことも聖闘士星矢の世界ではストレートに出していて、それが世界的には普遍的な価値観でもあるから受け入れられているんじゃないですかね。

三ツ矢
そうなんですよ、時代劇を見ているような気分になる作品。

堀内
時代劇っぽいというのは僕も感じていて、誰かがピンチになり「もうダメだ」と思った瞬間、必ず助っ人の誰かが現われる。しかもそれが、すごくグッとくるタイミングなんです。

山崎
そういう世界なんですよね。カッコイイことを臆せずやれる作品です。


―海外の聖闘士星矢ファンの方からメッセージが届くことはあるのでしょうか。

三ツ矢
中国のファンが事務所にいらして、中国語で書かれたファンレターをいただいたことはありますよ。残念ながらその時は事務所にいなかったので会えませんでしたが。

―わざわざ事務所まで!すごいですね。海外のコンベンションに行かれた時に聖闘士星矢ファンに会うことは?

堀内
海外のお仕事にも声をかけていただくことはありましたが、残念ながら一週間くらい期間をとらないといけないのでそれが難しくて。ビデオメッセージで出演したことはあります。

三ツ矢
僕はアメリカのコンベンションに行った際、聖闘士星矢に出演していたことを話すとすごく反応がいいのでファンがいっぱいいるんだなと感じました。今回の海外配信も声は日本語、僕らがアフレコしたものを配信しているですが、アニメを見て日本語を覚えているためか「きさま! ここにサインください」って言われました(笑)

山崎
日本語が変だぞ!(笑)

三ツ矢
「YOU」を「きさま」で覚えているんですよね(笑)。「きさまの名前を書いてください!」「きさま! ありがとう」って(笑) 堀内 僕はこの間、仕事で韓国に行ってきたのですが、日本語がわかる人はアニメやマンガを好きな人が多いですよね。

山崎
海外のファンに「今日は俺の人生で一番いい日だ!」と言ってもらえた時は嬉しかったです。次の年に同じコンベンションに行くとまたその人が来ていて「また来てくれたんだ、ありがとう」と言うと「覚えているか!?」って日本語で言ってくれて。「去年も会ったでしょ、覚えているよ」と僕が言うと涙を流しながらすごく喜んでくれて。そういうのは僕もすごく感動します。
《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集