「進撃の巨人」がスバルと再びコラボ 試乗で立体起動装置と兵団衣装ゲットのチャンス | アニメ!アニメ!

「進撃の巨人」がスバルと再びコラボ 試乗で立体起動装置と兵団衣装ゲットのチャンス

2014年に話題となった『進撃の巨人』と「スバル」のコラボが再び登場した。コラボキャンペーンは5月23日24日、30日31日の週末にスバルの販売店を中心に展開する。

ニュース
(C)2015 映画『進撃の巨人』製作委員会 (C)諫山創/講談社
  • (C)2015 映画『進撃の巨人』製作委員会 (C)諫山創/講談社
2014年1月に実写版巨人が初めて登場し話題となった『進撃の巨人』と「スバル」のコラボレーションが再び登場した。5月23日と24日、そして30日と31日の週末4日間、スバルの販売店を中心に作品とスバルが連携した企画を実施する。

新たなコラボは、スバルの車の試乗を通じたキャンペーンとなる。開催日に試乗をすると『進撃の巨人』仕様のミニカーがプレゼントされる。車はコマーシャルにも登場した「レヴォーグ」だ。デザインは2種類あり、「巨人」バージョンと「翼」バージョン。
ミニカーは巨人と壁のディスプレイ台に共に飾ることもできる。さらに映画内で登場する地図が描かれたコースマットも付属し、ミニカーが線の上を自動で走る。レーンキープ機能ではみださずに走るミニカーを楽しむことも出来る。

さらに抽選での豪華なプレゼント企画も用意している。こちらはよりレア感の高いアイテムが揃う。A賞は1名のみだが、実写版映画で使用された立体起動装置、それに主人公たちが所属する兵団の衣装というまさにここだけのアイテムだ。
B賞では映画に登場する巨人と「レヴォーグ」がデザインされた特製Tシャツ。白地に青で荒々しくデザインされたフリーサイズだ。こちらは100名に当たる。



『進撃の巨人』は「別冊少年マガジン」(講談社)で連載されている諫山創さんの作品。これまで16巻まで発売し、累計発行部数は5000万部を突破する大ヒット作だ。。
最初のコラボとして2014年に公開されたテレビCM「フォレスター進撃篇」は、当時大きく話題となった。CMは実写版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の監督でもある樋口真嗣監督が手掛けている。Youtube上の再生数は既に1200万を超え、今でも視聴数は伸び続けている。

そして実写版の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日にまず前編が公開、後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド』は9月19日に公開される。公開に先駆け、今後も様々なコラボが登場しそうだ。

「進撃の巨人×スバル」特設ページ
http://www.subaru.jp/campaign/shingeki/

映画『進撃の巨人』
(C)2015 映画『進撃の巨人』製作委員会 (C)諫山創/講談社  
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集