『ドラゴンボールZ 復活の「F」』興収31億円に 前作を軽々突破 | アニメ!アニメ!

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』興収31億円に 前作を軽々突破

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が依然好調だ。公開19日目にあたる5月6日には興収は31億1292万4000円と早くも30億円の大台を突破している。

ニュース
4月18日に全国653スクリーンで公開した映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が依然好調だ。公開から二日間で興行収入が9億6000万円と大きな記録となったが、公開19日目にあたる5月6日には興収は31億1292万4000円と早くも30億円の大台を突破している。
この数字は2013年春に公開し、大ヒットとなった『ドラゴンボールZ 神と神』の29億9000万円をも超える。『復活の「F」』が前作をさらに上回る人気となっていることが分かる。

発表によれば、観客動員数も236万4976人と大きな数字だ。東映史上最大というスクリーン数に加えて、2D、3D、4DX、IMAX3Dと様々なかたちで上映形態も観客の支持を得ている。
そして本編の面白さも勿論だ。映画では『神と神』から2年後を舞台に悪の帝王・フリーザを復活をオリジナルストーリーで語った。またこの7月からは完全新作のテレビアニメシリーズ『ドラゴンボール超(スーパー)』の放送開始も発表された。話題性も抜群で、今後もさらに動員を伸ばしそうだ。

こんな大ヒットを記念して、5月9日をその音に合わせて「悟空の日」として舞台挨拶イベントを実施することになった。新宿バルト9 シアター6に悟空の声を担当する野沢雅子さんが登壇する。詳しい情報は、公式サイトで確認できる。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』
2D/3D/4DX/IMAX3D全国超ヒット公開中
www.dragonball2015.com

4月18日~5月6日(累計19日間)
動員 2,364,976人   興行収入 3,112,924,000円

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集