キャストが着物姿で登場、「百日紅」ジャパンプレミア 監督から自信の言葉も | アニメ!アニメ!

キャストが着物姿で登場、「百日紅」ジャパンプレミア 監督から自信の言葉も

5月9日から公開が始まる『百日紅~Miss HOKUSAI~』のジャパンプレミアが4月28日に行われた。着物姿で現れた豪華キャストが作品への想いを語った。

イベント・レポート
キャストが着物姿で登場、「百日紅」ジャパンプレミア 監督から自信の言葉も
  • キャストが着物姿で登場、「百日紅」ジャパンプレミア 監督から自信の言葉も
  • キャストが着物姿で登場、「百日紅」ジャパンプレミア 監督から自信の言葉も
  • キャストが着物姿で登場、「百日紅」ジャパンプレミア 監督から自信の言葉も
  • キャストが着物姿で登場、「百日紅」ジャパンプレミア 監督から自信の言葉も
4月28日、TOHOシネマズ日本橋で『百日紅~Miss HOKUSAI~』のジャパンプレミアが行われた。舞台上には原恵一監督、声を担当した杏さん、松重豊さん、濱田岳さん、清水誌音さんが登壇。主題歌である椎名林檎さんの『最果てが見たい』が流れながら全員着物姿で登場し、華やかな壇上となった。

『百日紅』の原作はマンガ家でありながら江戸風俗研究家でもあった杉浦日向子さんが手がけている。その杉浦さんが大好きだと言う杏さんは「この作品が世に出る第一歩目」と感慨深そうに会場を見渡した。
同じく杉浦さんの大ファンだという原監督は「やっとここまで来れたかっていうのが正直な感想です」と語った。杉浦さんの作品では映像化が初めてということで「その監督になれたということが僕のキャリアにとっても、ものすごい誇りなんです」と話した。

52歳で初の声優デビューとなった松重さんは作品に対して「ホームドラマがすごくリアルに描かれている」と話す。杏さんと何度か親子を演じていることについては「この親子もまた変わった親子なんで…」と照れ笑い。作品で描かれている江戸は「僕の知っている昭和の風景と似ていた」とその独特かつ懐かしさを感じる世界観に驚いた様子だった。

濱田さんは演じた池田善次郎という役に「人間くさい人として描かれていて、そういう部分はとても好きなキャラクター」とコメントした。作中で「そんなんだからお前はヘタ善なんだ」と呼ばれていることに共感を覚えたと言う。撮影現場で「君はお酒ばっかり飲んで、グミばっかり食べて、役者としてそれでいいのか?」と松重さんに言われたというエピソードには、客席から笑いが起こった。
収録現場では別収録になったという清水詩音さんは「松重さんには今日初めてお会いして、ご挨拶しかできなかったので今度はもっとお話ししたいです」と言うと松重さんは「お願いしまーす」と応え、微笑ましい光景が広がった。

そして挨拶も終わりに近づいたところで第39回アヌシー国際アニメーション映画祭への出品が発表され、舞台には赤い桜の花びらが舞った。
喜ぶ登壇者たちのコメントに続いて、原監督は「何かがもらえればさらに嬉しいですが…」と嬉しそうに話した。さらに今時代劇を作るならアニメーションの方が向いているという発言も飛び出し、作品への自信を見せた。
「現代の働く女性が見ても絶対共感できる」と主人公のお栄への想いも語り、「とにかく楽しんで見て帰っていただければと思います」の言葉でイベントの幕が閉じた。

公開の5月9日(土)に先駆けて、国内での公開ももちろん海外の展開にも期待の高まるイベントとなった。

『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』
5月9日(土)全国ロードショー
http://sarusuberi-movie.com/
《タカロク》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集