AnimeJapanコスプレパフォーマンス 3部構成で人気レイヤーが華やかに演出 | アニメ!アニメ!

AnimeJapanコスプレパフォーマンス 3部構成で人気レイヤーが華やかに演出

AnimeJapan2015、Anime+ステージにてコスプレイヤー向けコミュニティサイト、「Cure」と「コスプレイヤーズアーカイブ」によるコスプレパフォーマンスステージが行われ、会場を沸かせた。

イベント・レポート
AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
  • AnimeJapan 2015 コスプレパフォーマンス
3月22日「AnimeJapan2015」Anime+ステージにてコスプレイヤー向けコミュニティサイト、「Cure」と「コスプレイヤーズアーカイブ」によるコスプレパフォーマンスステージが行われ、会場を沸かせた。
ステージの司会はコスプレイヤーのことりさんと夏木みつるさんが担当。それぞれ『ユリ熊嵐』の百合ヶ咲るる、『SHOW BY ROCK!!』のシュウ☆ゾーのコスプレで登場した。

ステージは3部構成で、まずコスプレコミュニティサイト『Cure』によるランウェイパートがスタート。コスプレネーム杏-あんず-さんが『魔法少女まどか☆マギカ』最終話のまどかのコスプレでステージに姿を現すと、客席からもかわいいと声があがっていた。続いて羽月ミアさんが『艦これ』の島風、シャドウキャットさんが大和のコスプレで登場。大和の大きな艤装など凝った衣装はもちろん、ステージ上で同作品のキャラの「合わせ」が見られると、客席からも楽しそうな声が聞こえてきた。空翔さんは『七つの大罪』からメリオダスのコスプレで登場、勇ましくポーズを決めるとMCから「相棒のホークは昨日トンカツにして食べてしまったそうです」と紹介され笑いを誘った。

ふるひなさん、PAINSさんはTVシリーズが再開する『銀魂』から神楽、坂田銀時のコスプレで続けて登場。番傘を構える神楽に木刀で見栄を切る銀さんがどちらもしっかりと決まっていて、キャラへの愛を感じさせる。続いて棗さんは『進撃の巨人』からエルヴィン団長。金髪に特徴的な制服や立体機動装置など、まるで作品から出てきたかの様な佇まいが印象的で、MCの「心臓を捧げよ!」声で凛々しく敬礼。るみさんは『ガンスリンガーストラトス』からヒロインの片桐鏡華のコスプレ。観ている側も思わずハートを撃ち抜かれそうな可愛らしさ。潤さんは『薄桜鬼』から沖田総司の合戦衣装のコスプレで登場。数ある沖田の衣装の中でも一番のお気に入りとのことで、キレのよい殺陣を見せる。いとふゆさんは『楽園追放』からアンジェラ・バルザック。映画公開時にも話題になった魅力的なデザインのコスチュームを見事に着こなしていた。

続いて、水上なぎささんが『アイカツ!』から美しき刃・紫吹蘭、柚莉亞さんが『プリパラ』から北条そふぃのコスプレで登場。別作品のアイドルがコラボするステージが実現するのもコスプレならではの展開。続いて太宰ガロさん、雨宮佐織さん、-Usagi-さんがそれぞれ『SHOW BY ROCK!!』のモア、シアン、チュチュのコスプレで登場。3人でポーズを決めてランウェイを締めくくった。
ステージ第2部はパフォーマンスパート。「Cure」と「コスプレイヤーズアーカイブ」から3組ずつがチームでパフォーマンスを披露。チーム名「5★stars」(七瀬さん、憂飛さん、Aimさん、さつきさん、野苺雛さん)が『少年ハリウッド』の5人(春、颯、大樹、生馬、希星)のコスプレでステージに登場。「永遠never ever」をフリつきでパフォーマンス。先ほどまでランウェイとガラリと雰囲気の変えて、息のあったライブパフォーマンスは、まるで本物の少年ハリウッドが踊っているかのようで、客席も拍手喝采。続くチーム「こすにこ☆」(ちゃっちゃん、まほ、ぐりこ、ジャスミン、ゆずき)は『THE IDOLM@STER』(美希、春香、あずさ、千早、真)から「フォーエバースター」コスチュームで登場。「READY!!」「CHANGE!!!」を2曲続けて見事なフォーメーションでパフォーマンスすると、まるで客席がアリーナになったかの様なノリで、手拍子と声援に包まれた。「Cure」最後のチームはアニパフォ集団「劇団★チーズ蒸しパンGEVOL」(景虎まよこ、Jackey道齊、天音ルシ、名汰、成)が得意の『銀魂』(神楽、マダオ、銀さん、新八、桂)コスプレでオリジナル寸劇「すべてを妖怪のせいにしてしまう我々自身が妖怪なのかもしれない。」を披露。『あまんと第一体操』で客席を笑わせた。

続いて「コスプレイヤーズアーカイブ」から、チーム「蒼穹」(はやと、ゆん、しょうま、あきら、すい)が『薄桜鬼』(土方歳三、沖田総司、藤堂平助、原田佐野ノ助、雪村千鶴)のコスプレで登場。「十六夜涙」に合わせて武器を手にした勇壮な演武と「君ノ記憶」で切なく優美なパフォーマンスを披露し、女性ファンの熱い視線を集めていた。そしてチーム「A.K.D」(くらげ、万鯉子)の2人が『ファイブスター物語』からラキシスと天照帝(天照家甲種一等正装)のコスプレで登場。目を見張る衣装のクオリティはもちろん、「瞳の中のファーラウェイ」をBGMに星団最強のスーパーバカップルぶりを遺憾なく発揮するラブラブなパフォーマンスで観客が息を呑む一幕も。第2部の最後を飾ったのはチーム「FLASH!」(泉れおな、もんた。、遥、あいか、あかりん)の『とっとこハム太郎』(りぼんちゃん、ハム太郎、トラハムちゃん、トラハムくん、マフラーちゃん)。「ハム太郎とっとこうた」「200%のジュモン」に合わせて元気なダンスパフォーマンスを繰り広げると、客席も大喜び。ステージが明るい空気に包まれた。

《平岩真輔》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集