アニメラテアート王選手権、初代チャンピオンはReissueの松野浩平さんに決定 | アニメ!アニメ!

アニメラテアート王選手権、初代チャンピオンはReissueの松野浩平さんに決定

AnimeJapan 2015のAnime+ステージでは、アニメとラテアートのコラボレート企画「アニメラテアート王選手権」が開催された。

イベント・レポート
3月22日のAnimeJapan 2015のAnime+ステージでは、アニメとラテアートのコラボレート企画「アニメラテアート王選手権」が開催された。
司会はアナウンサーの松澤千晶さん、腕を競うバリスタは愛知県一宮市にあるBELCORNOの伊藤雄一さん、原宿にあるカフェReissueから松野浩平さん、名古屋のcafe star platinum-the worldの山口仁さんの3人。審査は、バリスタ委員会の3人による評価のほか、各アニメ作品からのスペシャルゲストを招き評価してもらうポイント制を採用した。 

ラテアートの最初のお題は『ご注文はうさぎですか?』。特別ゲストとしてココア役の佐倉綾音さんが登場し、自分が出演した作品がテーマのラテアートに期待を膨らませた。
バリスタの3人は制限時間内でラテアートを作り、その工程から仕上がりまで全てがバリスタ委員会によって評価される。

山口さんはティッピーとあんこを描いた可愛らしいラテアート、松野さんはふわふわの泡で作ったティッピーがココアの上に乗っている3Dラテアートを作り会場を驚かせた。さらに伊藤さんは、青やピンクなどカラフルに描かれたココアを描いた。佐倉さんは悩みつつも「寡黙な山口さんがフェミニンなデザインというのも良い」と、山口さんのラテアートを選んだ。

次のお題は『結城友奈は勇者である』でゲストは友奈役の照井春佳さん。会場の様子を舞台裏でチェックしていたからか、登場するなりハイクオリティなラテアートに大興奮。バリスタ3人がラテアートを作りに真剣に取り組んでいる最中もハイテンショントークで楽しませてくれた。
最初にラテアートを完成させたのは、カップの中に牛鬼を描いた山口さん。次に、満開のピンク色の桜を背景に友奈を描いた松野さん。伊藤さんがふんわりと微笑む友奈を華やかに描いたラテアートを披露すると会場から拍手が起きた。照井さんは「全部感動したけれど、今はちょうど桜の季節なので」と松野さんのラテアートをチョイス。

最後は『ソードアート・オンラインII』。これで最後となる戦いとあってか、これまで以上に真剣な表情でラテアート作りに挑む3人に、キリト役の松岡禎丞さんは「男気を感じる」と心惹かれたようだ。
この戦いで選ばれたのは、二刀流の剣を構えるキリト。松野さんは「普段は顔を描くことが多いけれどどうしてもこの姿を描きたかった」と作品愛をのぞかせた。

審査の結果、初代アニメラテアート王に選ばれたのは合計117ポイントを獲得した松野さん。2位は僅差で山口さんとなった。
[川俣綾加]
《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集