舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品 | アニメ!アニメ!

舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品

連載・コラム

舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品
  • 舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品
  • 舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品
  • 舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品
  • 舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品
  • 舞台「神様はじめましたTHE MUSICAL♪」キャスト全員の熱演、弾けたエンタメ作品
連載第112回
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義  
[取材・構成: 高浩美]

■奈々生と巴衛の王道のラブコメ、
同時に巴衛と鞍馬、あるいは巴衛と瑞希の男同士の友情もありそうな……。

ライトなラブコメ『神様はじめました』が舞台化、それもミュージカルになって上演される。原作は鈴木ジュリエッタ。「花とゆめ」(白泉社)にて2008年6月号から連載中。単行本は現在20巻まで刊行されている。
テレビアニメは2012年10月~12月まで放送。2015年1月からテレビアニメ第2期が放送中である。物語の舞台となっている川越等はファンのいわゆる”聖地巡礼”として人気を博している。

ギャンブル好きな父親が蒸発し、借金取りに家を追い出された桃園奈々生。途方に暮れていると犬に追われた男が現れ、奈々生はその男を助ける。お互いに身の上話をしたところ「家を譲る」と言って立ち去ってしまった。
教えられた場所にいくとボロボロの神社があり、そこには神使の巴衛、鬼火童子の鬼切と虎徹が住んでいた。謎の男はミカゲと言い、実はこの神社の土地神で20年以上も放置されていたのだった。なんと奈々生は神社を家として与えられただけでなく、土地神の責務も同時に譲渡されてしまったのだ。こうして巴衛たちとの奇妙な生活が始まる……。

ヒロインの桃園奈々生は快活・前向き・何があってもへこたれないが少々無鉄砲な女子高生。ミカゲに自覚のないまま土地神にされる。かと言って帰るところもなく、そのまま土地神として暮らすしかない、という状況。
そこにいたのが神使・巴衛。野妖狐で口は悪いが気は優しい、しかしドSな性格、一言でいえば”曲者”。さらに超自信家な鞍馬、”地獄の堕天使”の異名をとるビジュアル系アイドル『KURAMA』だが、実は烏天狗。ヨノモリ社の神使の瑞希。本来の姿は白蛇。ミカゲ社を守っているキュートな鬼火童子・鬼切&虎徹、とんでもない暴挙に出る雷神・鳴神姫と”お騒がせ”な面々が登場する。なんとも賑やかな舞台になりそうである。

演出の秦健日子は「今回はオリジナル楽曲が20曲弱あります。歌、ダンス、殺陣、アクション、盛りだくさんで親しみやすい内容となっています。奈々生と巴衛の王道のラブコメではあるんですけど、同時に巴衛と鞍馬、あるいは巴衛と瑞希の男同士の友情……もありそうだな、と。人間関係っていうんでしょうか、その関係が非常に素敵だと思いますので、舞台でも男3人の距離感と空気感を大事にしながら演出していきたいですね」

それぞれのキャラクター、とりわけ”キーマン”なのが巴衛と鞍馬、巴衛を演じる八神蓮は「クールな感じだけでなく、いろんな面を見せたいです。あとは不器用な感じって言うんでしょうか、いろいろやらかすのが、その不器用なところ?かな。奈々生と出会ってどう変わっていくのか、ですね。また、秦さんと出会って、どんな作品になるのか楽しみですね。不安はないですね。いいものが出来ると思っています」と語る。鞍馬演じる南圭介は「巴衛との関係としては、言い合っているけど、でも(それを)楽しんでやってたりするんで……。八神ちゃんとは『PureBoys』でずっと一緒に仕事してたんで、舞台上では(巴衛との)関係性は出しやすいかな」とコメント。息の合ったやり取りが楽しみである。

また、アニメ等をチェックすればわかるのだが、巴衛は鳴神姫によってとんでもない危機に見舞われる。「ここは八神君と相談して」と演出家、要チェックポイントだろう。「(ミュージカル)は初めて挑戦するジャンルでもあります。メインキャストの方もほぼ”初めまして”っていう方々で(自分とは)全然違う、いろんな引き出しを持っていらっしゃいますから、今から化学反応が楽しみですね」と演出家。舞台『神様はじめましたTHE MUSICAL♪』、原作ともアニメとも異なった魅力を創造してくれそうな予感がする。

演出の秦健日子は「ど真ん中の王道のエンターテインメントなのでご期待頂ければと思います!」と締めてくれた。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集