連載第99回 ミュージカル「忍たま乱太郎」、妖術でまさかの仲間割れの危機! | アニメ!アニメ!

連載第99回 ミュージカル「忍たま乱太郎」、妖術でまさかの仲間割れの危機!

連載・コラム

(C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
  • (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
  • (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
  • (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
  • (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
  • (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
  • (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
  • (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
高浩美の
アニメ×ステージ&ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]

■ フレッシュなキャストも加わり、タソガレドキ城の面々がいつの間にやらレギュラーに”昇格”。

ミュージカル『忍たま乱太郎』も、この2015年で第6弾を迎える。ミュージカルはアニメや原作とは異なり、6年生がメインキャスト。毎回、すったもんだのドタバタ劇であるが、忍者なので、殺陣やアクロバット、アクションが特長の楽しいミュージカルだ。
キャストは前作から引き続き、善法寺伊作役は安達勇人、食満留三郎役は小野一貴、立花仙蔵役は荒牧慶彦、七松小平太役 は早乙女じょうじが演じる。また、新キャストは潮江文次郎役に『炎神戦隊ゴーオンジャー』に出演し、舞台『4つの駒 -THE FOUR PIECES-』で初主演を務めた海老澤健次。また学園一無口で無表情な中在家長次役は、今作が本格的なデビューとなる北園涼が演じる。
また1年はあの3人組もキャスト一新。乱太郎役は大西統眞、きり丸役は細川晴太、しんべヱ役は藤村真優が務める。

今回初登場のキャラクターとして、鶴町伏木蔵役に2004年生まれの注目の子役・古賀瑠、ちょっと毒舌、という設定。ドクタケ忍者隊の幻術使い・雪鬼役に中国武術の世界大会で1位の横井寛典、タソガレドキ忍者の諸泉尊奈門役に雑誌『ニコラ』でモデルとして活躍中の小林亮太。
鶴町伏木蔵は暗い性格だが、どこかマイペースで度胸もある。タソガレドキ忍者の諸泉尊奈門は上司である雑渡とともに行動することが多い。なかなかの実力者だが、若さゆえか失敗もしばしば。なお、読み方は「しょせんそんなもん」ではなく「もろいずみそんなもん」。 これらのキャラクターの活躍も見所となるであろう。

ドクタケ城にひとりの男が戻ってきた。その名は雪鬼(横井寛典)。特殊能力・幻術が使えるのである。早速、その術を使って忍術学園の面々を陥れる。一方、雑渡昆奈門(翁長卓)は主君である黄昏甚兵衛(下村尊則)にある任務を命じられる。雪鬼の幻術にはまった4人の6年生達は、なんと同じ忍術学園の仲間を裏切ってしまう。先生達も偽物と入れ替わり、てんやわんや状態に……。
今回のストーリーはなかなかくせ者、そして前回”特別出演扱い”だったタソガレドキ城がレギュラー化し、新たに忍者もひとり加わってなんとも賑やか。彼らがこれにどう絡んでいくのか、いろいろ想像は尽きない。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集